留学生&WISHスタッフブログ

秋・冬の2大行事

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの藤墳(ふじつか)です。
本当に早いもので、今年も残り2ヶ月をきりました!

さて、先日ハロウィンを終え、海外の多くの学校スタッフやお客さまからハロウィンパーティーの写真が送られてきました。皆さんハロウィンを楽しまれてる様子が伝わってきて、心がほっこりしました。

ハロウィン1  ハロウィン2

そもそもハロウィンとは、キリスト教の諸聖人の祝日(万聖節;All Hallows)の前夜祭(eve;10月31日)という意味から、Halloweenと呼ばれるようになったそうです。

ハロウィンの10月31日には、死者の霊がこの世に戻ってくると信じられ、これらから身を守るために仮面を被ったり、魔除けの焚き火をしたことがハロウィンの由来。

アイルランドが発祥だと知ったときは驚きました!

実は私もはるか昔、ハロウィンをイギリスで迎えました。この日は朝から語学学校の友達と、どんなコスチュームにするかという話で大盛り上がり。ハロウィンの夜は、魔女やフランケンシュタインなどに扮した友だちと楽しい時間を過ごしました。本気になって遊んだ瞬間でした(笑)。


楽しい楽しいハロウィンを終えると、今度はクリマスマス

11月中旬になると、ニューヨークでは、ユニオン・スクエアからハロウィン用のカボチャがすっかり姿を消し、クリスマスのデコレーションへと変わります。12月に入ると、ロックフェラーセンターでは、毎年恒例の巨大クリスマスツリーが運び込まれ、点灯式が行われます。


ヨーロッパでは、広場や聖堂の前にクリスマスマーケットが登場し、伝統的なお菓子や木彫りの置物などを販売する露店が建ち並びます。

ホットワインとジンジャーブレッドはかかせません。 

この時期のヨーロッパのイルミネーションは、もうものすごくきれいで、ゴシック調の建物によく映えるんです!


もちろん日本のイルミネーションも負けていませんが、一生に一度は海外でクリマスマスを経験してみていただきたいです!
秋・冬のこの2大行事は欧米の国々では欠かせません!

今年も残りあと40日余り。
皆さん、寒さに負けず、楽しんでくださいね。

カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報