留学生&WISHスタッフブログ

日本とニュージーランドの意外な繋がり

NZ風景

 

こんにちは!東京オフィス留学カウンセラーの佐藤です。
お盆休み、皆さんはいかがお過ごしですか?暑い日が続きますが、くれぐれも熱中症には気をつけてお過ごしください。

アツいアツいでも、別な意味でアツいのが、ニュージーランド!
9月9日~10月23日まで、ラグビーのワールドカップがニュージーランドで開催されます!!

2006年、ニュージーランド留学していた時、お世話になっていたKiwi(ニュージーランド人の愛称)と「5年後のワールドカップの時には、必ずニュージーランドに戻ってきて、一緒に観戦する」と約束をしていたのですが、残念ながら、日本での観戦となりそうです(T_T)

ニュージーランドと日本は同じグループで対戦をします。期間中はどちらの国の戦いからも目が離せません!


そんなニュージーランドは日本と似ている点がいくつかあります。

まず、島国だということ。
国の形も少し似ていませんか?活火山があり、温泉もあります。

ニュージーランドの先住民であるマオリ族の言葉「マオリ語」の発音は日本語の発音に似ていて、例えば、「ニュージーランド」のことを「Aotearoa/アオテアロア」と言います。「こんにちは」は「Kia ora/キア オラ(キオラとも聞こえるかも)」、「ようこそ」は「Haere mai/ハエレ マイ」と言います。

これだけではなく、ニュージーランドで使われている単語で、日本と深い関わりがある単語があります。

それがビーチサンダルです。

ニュージーランドでは「Jandals(ジャンダル)」と言います。この単語、実は「Japanese sandals(ジャパニーズサンダル)」からきてるんですよ!

これだけでも、ニュージーランドに親しみを感じてしまいますよね。


また、ニュージーランドの中学校や高校では、選択科目として日本語を取り入れている学校がとても多いんです。日本語の授業を見学させていただいたある高校には、日本語の授業用の教室がありました。

一生懸命日本語を勉強しているニュージーランドの生徒たちの姿を見て、日本人として嬉しく思ったのと同時に、ニュージーランドのこともちゃんと勉強しないといけないと思いました。

ニュージーランドと日本は、今年大地震に見舞われ、復興のために歩んでいる最中です。言葉や習慣は違っても、同じ想いを持っている国です。

ぜひ皆さんも、ニュージーランドを訪れてみてください!!

 

資料請求バナー

 

最新体験バナー

カテゴリ:
ニュージーランド情報