留学生&WISHスタッフブログ

オーストラリア、パースの魅力

こんにちは。名古屋オフィス留学カウンセラーの佐藤です。
ぽかぽかと心地良い陽気となり、出かけるのにも最適な季節ですね!
perth1.jpg
さて、今回は、そんな気持ちの良い時期に出かけたくなる街でもあり、私がオーストラリア滞在中に一番長く住んだ街パースをご紹介したいと思います。

オーストラリア大陸の約半分を占める西オーストラリア州の州都パース。
「世界で最も住みやすい街」に選ばれたこともあります!

オーストラリアと言えば、ケアンズやシドニーなど、メジャーな都市は東海岸に集中していて、西海岸のパースは遠く感じますが、日本との時差はたったの1時間ですし、東海岸にはない魅力があるんです!

スワン川のほとりにあるパースは小さな街ですが、春に咲き誇るワイルドフラワーインド洋に沈む夕日海や空の青さ『感動』の一言!
wildflower1.jpg  perth_sea2.jpg
perth_sunset.jpg  dolphin.jpg
 
パースをはじめ、西オーストラリアには手つかずの自然が多く残っているので、海だけでなく、山や川も楽しめます。夏にはダイビング、サーフィン、シュノーケル、イルカと一緒に泳ぐドルフィンスイム、セーリングなどのマリンスポーツも盛です

また、パース周辺には有名なワイナリーも多く、ワイン好きの方にもお勧めの街です。

station.jpg
そしてそして、留学生にとっても優しい街なのです!

中心地には無料のバスが走っていますし、滞在期間にかかわらず、語学学校の学生にも学割が適用されるため、交通費もお得!!また、2時間以内で同じ料金内ならバス、電車、フェリーが乗り放題なんです。

バスに乗れば、ドライバーさんが気さくに「Hello!」と声をかけてくれますよ。



そして、他の都市に比べて日本人が少ないというのも魅力です!私が通った学校でも、クラスにはスイス、フランス、イタリア、ベルギー、オーストリア、インドネシア、コロンビア、韓国と国際色豊かでした。日本ではまだあまり馴染みがないですが、ケンブリッジ検定に向けた教育にも熱心な街でもあり、その対策コースにいたときには、9割がヨーロッパ人で、日本人は私一人でした。

perth_sea1.jpg
学校帰りや週末には公園でバーベキューをしたり、カフェでのんびりしたり、図書館で勉強したり、ビーチに出かけたりとそれぞれの楽しみ方もできます。

アットホームで、のんびりゆっくり癒される街、それがパース。留学先として、ぜひ検討してみてくださいね!

カテゴリ:
オーストラリア情報