留学生&WISHスタッフブログ

留学をすると・・・

こんにちは。法人担当の石井です。

ここ1年くらい、特に朝の出勤時に、WISH東京オフィスのある新宿では外国人観光客の姿をよく見かけるようになりました。中国韓国からと思われる方が多いようです。
昨年日本を訪れた外国人旅行者は861万人を超えたとか。その中でも中国人が141万人を超え、最多となったそうです。


話は変わりますが、先日北海道に家族旅行に出かけました。

ちょうどさっぽろ雪まつり直前だったので、そこでもたくさんの外国人観光客を見かけました。

札幌駅では日本語のアナウンスの後に外国語のアナウンスが流れます。公共の場所では英語をはじめとしたさまざまな外国語の案内を見かけました。レストランやお土産物屋さんでも外国語の案内を多く見ました。

さっぽろ雪まつり1.jpg   さっぽろ雪まつり2.jpg


旭山動物園にも行きましたが、さすが有名なだけあって、大型バス数台でたくさんの外国人観光客が来園していました。

旭山動物園ペンギン.jpg  旭山動物園あざらし.jpg


このような外国人にも人気の観光スポットで、外国語を使って接客ができる社員がもっと増えれば、さらに外国人旅行者の満足度が上がってその数も増えるのではないかと思います。

WISHでは現在、この春留学やワーキングホリデーに出発される方のピークを迎えていて、ご相談いただいた皆さんが続々と、各自の想いと共に留学に出発されているのを日々目にしています。

バイトで貯めたお金で参加してくれる方、悩みに悩んでやっとの思いで留学を決めた方、将来のことを考えて留学を決意した方、是非留学先で時間を有効に過ごしていただきたいと思います。

そして、そんなさまざまな想いを抱えて留学された皆さんが帰国して、将来外国人観光客に日本の良いところをもっとアピールできる人になって、日本をもっと良い国もっと来たくなる国にしてくれるだろうという期待を持っています。

そんなことを考えると、留学はそれぞれの自分磨きだけでなく、日本の社会にも貢献できることなのだと改めて痛感します。留学は自分の可能性を広げる、とても良い機会です。

この春留学に出発されるたくさんの皆さんが、それぞれの目的を達成して帰国してくれることを願っています!

カテゴリ:
その他