留学生&WISHスタッフブログ:2011年2月

就職・転職に役立つ留学

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの佐藤です。

最近、大学を休学して留学をされる学生さんや、仕事を辞めて留学をする社会人の方からの問合せを多くいただきます。留学にはさまざまな目的がありますが、帰国後の就職や転職に活かすために留学をする、という方が増えてきているのを感じます。

そこで、私から、そんな留学を考えている皆さんにお勧めの「英語教師育成コース」をご紹介します。

英語教師育成コースは、英語を母国語としない人たちに英語を教えるための教授法を学ぶコースです。「英語が話せないのに教えるなんて無理!」と思わないでください「英語を話すこと」と「英語を教えること」は違います。英語が話せる人が必ずしも英語を教えることができるわけではありません。なので、教えることに興味がある人はぜひ挑戦して欲しいです。


英語教師育成コースは教える生徒の対象が、子どもか、大人も含むかによって、2種類に分かれます。


子どもを対象とする教師育成コースには、学校によってコース名は異なりますが「TECSOL」「TEFL」「J-SHINE資格取得コース」があります。「J-SHINE資格取得コース」は日本の小学校で英語指導者として活躍することができる民間資格です(教員免許不要)。

授業は、自分でレッスンの内容を決めて教材を作成し、オリジナルのレッスンを作っていくという実践的な内容です。コースによっては、現地の学校への訪問もカリキュラムとして含んでいるので、おもしろいですよ!

児童英語.jpg   現地学校訪問.jpg


年齢制限なく、小学生から大人に教えたい
という方は、「TESOL」を受講します。対象に大人も含むため、学ぶ内容もさらに専門的になります。

TESOLは資格ではなく、教授法を学ぶためのコースなので、学んだことを形に残して帰国したいという方は「TKTテスト」を受けることをお勧めします。TKTテストはケンブリッジ大学試験部門が行なっている試験で、英語を教える能力を測る試験です。合否判定ではなく、3分野毎に4段階で結果が出て、受験した人は写真のような結果表を貰うことができるので、TESOLのコースを終了した後に、自分がどれだけ知識を身に付けられたかを客観的に見ることができて、お勧めです。

ブログ画像3.jpg    TKT成績表.jpg 

今年、転職や就職のために留学をしようとお考えの皆さん、ぜひ留学先でこの英語教師育成コースを受けてみてはいかがですか?

また、3/13(日)にWISHの東京オフィスで行なう「留学相談会」には、TESOLやTECSOL、TKTテスト対策コースを持つ学校のスタッフが参加します!これを読んで、興味を持たれた方、参加は無料なので、ぜひご来場いただき、直接学校スタッフに相談してみてください!!
カテゴリ:
語学学校

ニュージーランド産の万能ハチミツ『マヌカハニー』

こんにちは!東京本社の佐藤です。

先週末から鼻の調子が悪く、今年のスギ花粉は昨年の5倍~10倍と予測されているそうなので「遂に花粉症デビュー?」と恐れていたのですが、ただの風邪だったみたいです(笑)
今週からは喉が痛みだし、のど飴必須!の状態になりました。

風邪と言えば、ニュージーランドに滞在していた10年ほど前に、40度近い熱を出してしまったことがあります。

ホストマザーに連れられ、地元の病院へ行ったのですが、そこでカルチャーショック!!

・注射は腕ではなく、お尻に打つ
・熱を下げるために「水風呂に入れ」といわれる
・飲薬(紫色した液体)は、1リットル級の大瓶で処方される


「郷に入っては郷に従え」
という諺通り、注射と飲薬は医者の言うことに従いましたが、さすがに「水風呂」だけは、どうしてもできませんでした。。。薬の力も借りつつ、徹底して体を暖かくし、たくさん汗をかいて寝て熱を下げたのですが、その後に来た喉の痛みが大変でした。しかもニュージーランドは日本のように湿度が高くなく、空気が乾燥しているため、日本よりも余計に喉の痛みがひどかったんです。
manukahoney1.jpg
そこで、ホストファミリーから勧められたのが『マヌカ』というハチミツ。マヌカハニーはニュージーランド代表するハチミツの一つとして知られています。一般のハチミツより値段は高めですが、このマヌカハニーは酵素やミネラル、ビタミンを豊富に含み、整腸や美肌にとても効果があり、口内炎などの炎症や水虫、やけど、虫歯、歯周病や風邪、花粉症に効くほか、ピロリ菌の殺菌作用やダイエットにまで効果があると言われている万能ハチミツなのです!


ニュージーランドの歌手や聖歌隊もこのマヌカハニーを常備して、喉のケアをしていると聞いたことがあります。

「まさか、甘いハチミツで?」と最初は半信半疑だったんですが、試してみてびっくり!!その効果は抜群です!味は普通のハチミツと比べると、少し苦いのですが、それ以来、私はマヌカハニーにはまりにはまって早10年。現在も取寄せては常備しているほどです。manukahoney2.jpg


基本的には普通のハチミツと同じように、そのまま食べてもよしトーストに塗るのもよしヨーグルトに混ぜるのもよし、です。ただ、味にちょっとクセがあるので、初めて購入される方は小さめのものからトライしてみてくださいね!
カテゴリ:
ニュージーランド情報

絶対おすすめ!!カナダ留学

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの吉田です。フェリーから見たダウンタウン.jpg

2月7日から約1週間、カナダのバンクーバーとビクトリアへ出張に行ってきました。
今回が初めてのカナダへの渡航だったのですが、バンクーバーに到着した初日にカナダの大ファンになりました!!


バンクーバー
の街は、ガラス張りで統一感のあるビルが立ち並び、ゴミ一つ落ちていなくて、とても綺麗です。街にはおしゃれなお店、たくさんのコーヒーショップ、どこに入っても失敗のないレストランが並んでいて、留学生活に困ることはありません。イエールタウン.jpg


また、カナダは移民が多い国なので、いろいろな国から来た人たちが共存しています。滞在中は私も地元の人に間違われて道を聞かれたほど(!)私たち日本人もすんなり生活に溶け込めます。


街からは綺麗な山の景色も見ることができ、スキー場へのアクセスも良いです。さらに近くにはビーチもありますので、山と海の両方を楽しめる、自然と都市のバランスがよい環境で「世界で最も住みやすい都市」の上位に毎年ランクインする理由が分かりました。

ガスタウン.jpg

そして、生活に欠かせない食事について
バンクーバーにはたくさんの美味しいレストランがあり、日本食や中華、韓国、インドなどのアジア諸国の料理も低価格で手に入ります。どこもその国出身の人が作っているので本当に美味しいんです♪





バンクーバーから飛行機や水上飛行機、フェリーなどで行くことができるビクトリアにも行ってきました。

ビクトリアはブリティッシュ・コロンビア州の州都で、美しい州議事堂があります。街はこじんまりして、とっても可愛らしい雰囲気です。イギリスの統治時代の名残で、ヨーロッパ調の建物も並んでいます。

州議事堂.jpg  ピンクのかわいい建物.jpg


バンクーバーもビクトリアも安心して滞在でき、留学や海外が初めての方にもオススメの都市です!

どちらの都市にもWISHの現地サポートオフィスがあり、日本人スタッフが常駐していますので、滞在中に何か困ったことがあってもサポート体制はバッチリです!!現地のスタッフは、とっても親切で、サポートもピカイチ!私たちカウンセラーも信頼してお客様にご案内できる自慢のオフィスです。留学の行き先を迷っていらっしゃる方は、ぜひバンクーバー、ビクトリアに行ってみませんか?絶対に気に入っていただけると思いますよ。


また、3月7日には「カナダ最新情報セミナー(詳細はこちら)と題して、私がこの2つの都市の魅力や学校の情報などをご説明するセミナーを行います。見てきたばかりの最新情報をお話ししますので、ぜひご参加ください。

カテゴリ:
カナダ情報

おすすめ英語勉強法 その2

こんにちは。東京本社の丸山です。
以前、別のスタッフが楽しく身につく!英語勉強法を紹介していましたが、今回は私のおすすめの英語勉強法を2つご紹介します。

1つ目は「日記」です。
私は留学する前に、某大手英会話教室に2年間通っていて、ネイティブの先生とも気軽に話しができていたので自信満々で留学しました。

が...現地に到着してビックリ!相手が何を言っているかは分かるのに、言葉が出てこない...。語学学校でもヨーロッパ人の発言力に圧倒されて全く話せませんでした。

こんな生活が数週間続き、不安になったときに、担任の先生から「これから毎日日記を書いて提出しもらいます」と言われ、日記を書く習慣のない私は言葉を失いました。。。日本語でも苦手なのに、しかも英語で...ムリだよぉ~。

困惑する私たちに先生は笑顔で「英語で文章が書けないと、英語を理解して言葉として口から出すことは難しい。だから今日から日記という形で話し言葉を書いて、それを口に出す練習をしましょう」と言い、ノートを1冊ずつプレゼントしてくれました。

早速ホームステイ先に帰って書いてみたのですが、できたのはたった9行。しかもそれだけ書くのにかかった時間は30分。トホホ...先が思いやられました。

案の定、提出して戻ってきたノートには、先生からの訂正だらけ

でも3ヶ月ほど続けてみると、あら不思議!余裕で1、2ページは書けるようになり、先生の訂正も減ったような。一番の変化は、英語日記.jpgが自然に口から出るようになったこと!先生からも「スピーキングがすごく伸びた」と褒められました。

ウソみたいな本当の話です。

この日記を書く習慣は、帰国するまでの1年半の間ずっと続け、後々のエッセイを書く授業やプレゼンテーションの授業にも役立ちました。

今でも当時の日記を読み返すことがありますが、最初のころはボキャブラリーも乏しく、文法もメチャクチャでしたが、後半は安心して読める文章になっていました。英語力も伸び思い出(記録)にもなり一石二鳥ですよ!

2つ目は「音読」です。
これは日本の英会話教室の先生に勧められた勉強法です。やり方は簡単。音読用のテキストと絵本を、毎日30分大きな声で読む。
たったこれだけ。

中学校の教科書にでてくるくらいの簡単なレベルのものを読みます。私が使った教材は「英会話・ぜったい音読 標準編」(講談社インターナショナル)と「キュリアスジョージ」(作者:MARGRET & H.A.REY'S)の2冊です。

音読テキスト.jpg     キュリアスジョージ.jpg 

英語をナチュラルに話し、発音を矯正するのに役立ちました。

留学を考えている方、これから出発する方におすすめです。留学前にやっておくと、留学先に着いてからのスタートラインが変わります。スタートラインが変わると留学の可能性がさらに広がりますよ!
すでに出発されている方も、今からでも十分間に合います。ぜひ試してみてください。
カテゴリ:
その他

フランス留学中のお客さまより

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの菊地です。

数日前は全国的に大雪で、東京都内でも久しぶりに積もりました。
昨年ヨーロッパでも、大雪の影響でフライトがキャンセルになったことがありましたが、ちょうどその時期にフランスへの留学に出発されて、現在もパリに滞在中のお客さまから、現地でバスツアーに参加したという報告のメールをいただきましたので、フランスからの最新情報をお届けしますね。

参加したツアーは、パリからモンサンミッシェルへの日帰りツアー。寒い日本と違って、当日のパリの気温は18℃。過ごしやすい気温で、昨年出発した時とは雲泥の差だそうです。


モンサンミッシェルは、パリから700キロのところにあり、エッフェル塔やベルサイユ宮殿と並んで、パリに行く方には人気の観光名所です。モンサンミッシェル

元は「モン・トンブ(墓の山)」と呼ばれ、先住民ケルトの聖地だったモンサンミッシェル。966年にノルマンディー公リシャール1世がベネディクト会の修道院を島に建て、13世紀にほぼ現在のような形になり、1979年にはユネスコの世界遺産に登録されています。砂洲化が進行した現在は、かつての島の状態に戻す国家プロジェクトが進んでいるそうです。

モンサンミッシェルと言えば有名なオムレツ!そのお客さまも楽しみにして行かれたそうです。思ったより小さかったようですが(笑)、ふわふわしていて美味しかったそうですよ。

ツアーは日帰りのバスツアーの他に、TGVという電車を使って行くプランや、モンサンミッシェル周辺での宿泊が付いたプランなど、さまざまあるそうで、時間にゆとりがあればいろいろな体験ができます。

モンサンミッシェルのように、世界遺産の修復工事があったり、以前は入れたり見られたりしたものが、できなくなったりもしますので、やはり気になった時に行くのがポイントですね!

カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報

留学をすると・・・

こんにちは。法人担当の石井です。

ここ1年くらい、特に朝の出勤時に、WISH東京オフィスのある新宿では外国人観光客の姿をよく見かけるようになりました。中国韓国からと思われる方が多いようです。
昨年日本を訪れた外国人旅行者は861万人を超えたとか。その中でも中国人が141万人を超え、最多となったそうです。


話は変わりますが、先日北海道に家族旅行に出かけました。

ちょうどさっぽろ雪まつり直前だったので、そこでもたくさんの外国人観光客を見かけました。

札幌駅では日本語のアナウンスの後に外国語のアナウンスが流れます。公共の場所では英語をはじめとしたさまざまな外国語の案内を見かけました。レストランやお土産物屋さんでも外国語の案内を多く見ました。

さっぽろ雪まつり1.jpg   さっぽろ雪まつり2.jpg


旭山動物園にも行きましたが、さすが有名なだけあって、大型バス数台でたくさんの外国人観光客が来園していました。

旭山動物園ペンギン.jpg  旭山動物園あざらし.jpg


このような外国人にも人気の観光スポットで、外国語を使って接客ができる社員がもっと増えれば、さらに外国人旅行者の満足度が上がってその数も増えるのではないかと思います。

WISHでは現在、この春留学やワーキングホリデーに出発される方のピークを迎えていて、ご相談いただいた皆さんが続々と、各自の想いと共に留学に出発されているのを日々目にしています。

バイトで貯めたお金で参加してくれる方、悩みに悩んでやっとの思いで留学を決めた方、将来のことを考えて留学を決意した方、是非留学先で時間を有効に過ごしていただきたいと思います。

そして、そんなさまざまな想いを抱えて留学された皆さんが帰国して、将来外国人観光客に日本の良いところをもっとアピールできる人になって、日本をもっと良い国もっと来たくなる国にしてくれるだろうという期待を持っています。

そんなことを考えると、留学はそれぞれの自分磨きだけでなく、日本の社会にも貢献できることなのだと改めて痛感します。留学は自分の可能性を広げる、とても良い機会です。

この春留学に出発されるたくさんの皆さんが、それぞれの目的を達成して帰国してくれることを願っています!

カテゴリ:
その他

アメリカ留学の方にお勧めの観光地、ラスベガス!

こんにちは★東京オフィス留学カウンセラーの本井です。
今回は私がサンディエゴに滞在していた時によく行った場所をご紹介。ということで、ラスベガス特集です(^o^)/

ラスベガス風景jpg.jpg
ラスベガスはサンディエゴからは車で約5時間、320マイルの所に位置しています。

普通のセダン車なら$3/ガロンとして、ガソリン代は往復でおおよそ$65~80ぐらいで行けます。ラスベガスというと、お金がかかるところというイメージがあるかもしれませんが、実はそれほどお金をかけなくても楽しめるところなんです。



夜になると賑やかになるメインストリートには、有名ホテルが立ち並んでいます。そのホテル一つ一つが、フランスのパリをイメージしていたり、イタリアのベネチアをイメージしていたり、エジプトのピラミッドをイメージしていたり・・・などなど、ホテル巡り行くだけでも楽しいんです!

  
それから、食事もお勧めです。あちこちのホテルやレストランのビュッフェの人気ランキングがあったり、いろいろな味のマルガリータが味わえます。

またなんと言ってもお勧めなのはがショー!日本にはまだ上陸していない有名サーカス団のショーもあり、その感動は一言では表現できません!是非是非、観ていただきたいです!!

カジノも日本円にすると1円から賭けられるスロットマシーンなどもあり、手軽に楽しめます。
またホテルも実はかなり安く宿泊ができるんです。カジノやスロットでお金を使ってもらいたいと思っているせいか、ホテルの外観からするとあり得ない格安料金で泊まれる時があります。

アメリカやカナダに留学中の方も、これから留学される方も、砂漠の真ん中の都会ラスベガスをぜひ満喫してみてください。絶対に楽しいです!!

カテゴリ:
アメリカ情報

カナダの人気都市、バンクーバーとビクトリア

皆さん、こんにちは!名古屋オフィス留学カウンセラーの山形です。
先日、大阪のスタッフがカナダの紹介(記事はこちら)をしていましたが、
今回は私が昨年訪問したカナダブリティッシュ・コロンビア州の人気都市バンクーバービクトリアについてご紹介します。

カナダ西海岸最大の都市バンクーバーは、海と山に抱かれ、自然と美しく調和した街です。
一方、ビクトリアはブリティッシュ・コロンビア州の州都で、伝統的なビクトリア様式の建築物が多く、イギリスの面影を残しています。どちらも素敵な街ですので、バンクーバーに行かれた方はビクトリアにも、ビクトリアに行かれた方はバンクーバーにも、是非足を運んでいただきたいと思うのですが、2つの都市を結ぶ交通機関は主に3つあります。


1、
バンクーバーのツワッセンからビクトリアのシュワーツ・ベイまでを、BCフェリーが1日に8フェリー.jpg~15便ほど運行しています。
フェリーの所要時間は1時間30分ほどですが、バンクーバーのダウンタウンから船着き場まではバスで1時間ほど、ビクトリアの船着き場からダウンタウンまでも40~50分ほどかかりますので、バス&フェリーではトータルで4時間くらいはみておいたほうがよいでしょう。
時間に余裕のある人には、この方法がおすすめです。とても巨大なフェリーに驚かされました。


2、
両都市の国際空港を、エア・カナダ約25分でつないでいます。
どちらの空港も、ダウンタウンまでの所要時間はタクシーで30分ほどなので、トータル1時間半くらいです。


3、両都市のハーバーを、ヘリコプターシープレーン(水上飛行機)所要時間35分でつないでいます。
私は水上飛行機を経験しましたが、飛行機よりもはるかに低い高度で飛行しますので、上空からの景色を楽しむことができます。35分のフライトはあっという間です。また、どちらのハーバーもダウンタウンからすぐなので、バンクーバーのダウンタウンからビクトリアのダウンタウンへの移動が35分で済みます。
ハードスケジュールだけど、数時間でも訪問したい!という方には最適ですね。

水上飛行機.jpg  飛行機からの眺め.jpg

というように、早ければ35分で移動できる2都市です。
アメリカも含めて、西海岸へ渡航される方には、ぜひどちらの都市も楽しんでいただきたいなと思います。

カテゴリ:
カナダ情報

目標はシドニーマラソン!でも、とりあえず・・・

こんにちは。法人担当の横畑です。
ここしばらく本当に寒いですね。大阪市内もここ数年経験したことのないような寒さでした。

そんな寒さの中、1月30日に神戸シティマラソン10kmの部に参加してきました!神戸マラソンスタート前.jpg
先日別のスタッフもマラソンネタを書いていましたが、気にせず続けます(笑)

高校時代は一応陸上部に所属していましたが、専門は400mと800mだったので、長距離はあまり本格的に経験したことはなく、ただここ数年は趣味的に、休みの日に時々ジョギングをしていて、今回は「いつかはシドニーマラソンに出たい!」という目標に向けての第一歩、ということで参加してみました。

なぜシドニーマラソンかと言うと、以前シドニーに5年程住んでいたのですが、ちょうどその頃に始まった第1回シドニーマラソンのお手伝いに参加したことがあるのです。生でマラソンを見る のは、高橋尚子さんが金メダルを取ったシドニーオリンピックに次いで2度目だったのですが、選手の熱気を感じることができたいい経験でした。そんな経験と大好きなシドニーの街や郊外を走り抜けるコースということで、その頃から漠然と「いつかは出場したいな」と思っているのです。

さて、神戸マラソンに話を戻しますが、10kmの部には約800人のランナーが参加。こういう大会は高校以来なので、若干の緊張もあり、周りのランナーも速そうに見えて、久々に新鮮なドキドキ感を味わいました。

午前11:30、いよいよスタート。気温は3℃くらいでしたが、六甲アイランドという神戸沖の島なので海風も強く、体感的には氷点下な寒さでした。参加人数のわりにコースの道幅が狭く密集していたため、最初はダラダラとスタート時の緊張感も無くなるような調子で、1kmに7分近くかかっていました。50分以内での完走を目標にしていたので、これはまずい!と少しペースを上げ、6~7kmがかなりきつかったのですが、なんとか頑張り、最後500mでラストスパート!

と言えば聞こえは良いのですが、最後は必死に走りきった感じです。結局タイムは51分03秒で、約800人中359位。目標はクリアできませんでしたが、練習不足や前日夜のサッカー日韓戦での寝不足、強い向かい風のコンディションなどを考えればまあまあかな、と勝手に言い訳をして自分を納得させ、ゴール後は気持ち良い充実感を得ました!

神戸マラソン.jpg    グリコポーズ.jpg
    必死に走ってます              最後はグリコのポーズ!

と、単なる私のある日の日記のようになってしまいましたが、やっぱり体を動かすのは気持ちいいですね
今年の11月にはいよいよ大阪マラソン(有名な東京マラソンの大阪版)も始まるので、是非それにも参加したいですし、来年(できれば今年)はゴールドコーストマラソン、そして最終的にはシドニーマラソン目指します!もう一つ、「自転車で世界一周」という目標もあったりしますが、これは夢ですね。。。

皆さんの中にも、ジョギングをしていたり、大会出場の経験のある方もいらっしゃるかもしれません。これから体を動かしてみようかなという方も、是非日本や海外の大会に参加してみてはいかがでしょう?調べてみると、世界には気軽に参加できそうな大会がいろいろありますよ。各地の市民マラソンに参加すると、地元の人や他の国から来たランナーとの交流もできそうで、今から楽しみです!

カテゴリ:
スタッフの日常
  • 1