留学生&WISHスタッフブログ

イギリスのクリスマスと食事事情

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの吉田です!

今日24日はクリスマス・イブということで
私がイギリス留学中に過ごしたクリスマスについてご紹介します!

欧米ではクリスマスは家族と家で一緒に過ごすのが一般的です。
子供がいる家庭では、クリスマスツリーの下に置かれているプレゼント
25日の朝に開けるのも子供達の楽しみです!

イギリスでは、25日におじいちゃん、おばあちゃんも家に集まって、
クリスマス・ディナーを楽しみました♪

朝からお昼のブランチの時間には軽食を済ませ、
午後3時くらいにクリスマス・ディナーを食べました。

ディナーといっても、明るい時間に食べるのは初めての体験でした!

クリスマス・ディナーには、ロースト・ターキー
温野菜(にんじん、芽キャベツ、カリフラワーなど)を添え、
クランベリー・ソースグレービー・ソースをかけていただきます。

夜はお酒を飲みながら、ドライフルーツやチーズ、サンドウィッチの盛り合わせなどを
つまみながら家族とおしゃべりしたり、映画を見たりしました!

ホストマザー朝から食事の準備で大忙しの様子でした。
これは日本のお母さんが正月御節料理を作るのと
同じように忙しいイメージでしょうか。

海外ではお正月よりもクリスマスの方がもちろんビッグイベントで、
お正月はゆっくり家で過ごすことが多いようです。

クリスマスからお正月はお店もお休み
バスや電車もストップというところも多いです。
   ツリー・オーナメント.jpg           クリスマスツリー室内.jpg

ちなみに・・・イギリスの日常生活ではどんなものを食べているのか?!
私がイギリスのホームステイ滞在中に食べていたイギリスならではの食事をいくつか紹介します!

欧米では、主食という概念があまりないように思いますが、
イギリスでは、何よりポテトをたくさん食べていました。

イギリスの代表料理「フィッシュ・アンド・チップス」
(白身魚のフライとポテトフライ)もポテトだし、
マッシュ・ポテトやオーブンで焼いたベイクド・ポテトもよく出されます。

日本人の感覚だと「ジャガイモが主食?!」
とイメージしにくいですが、色々な調理方法で食べています。

私はジャガイモがそれほど好きでなかったため最初は慣れませんでしたし、
食事に物足りなさを感じていましたが、次第に慣れました。
イギリスの食事はあまりおいしくない、と思っている方も多いかと思いますが、
そのうち慣れますよ!!


Fish and Chips.jpg
 Jacket Potato.jpg Sausage and Mash with gravy sauce.jpg
              fish & chips                             jacket potato          sausage & mash with gravy sauce  

 ※上記3点写真出典:『jamie's dinners』→Jamie Oliver 雑誌カバー.jpg
  筆者Jamie Oliverは、ロンドンに住む、
  イギリスで有名な料理家の一人です。
  彼はレストランのオーナーでもあり、
  イギリスの料理番組にも出演しています。
  本屋さんには彼の料理本もたくさん並んでいます。



イギリス人は食事に対して、日本ほどの繊細さはないので、
(イギリス人に怒られちゃうと思いますが・・・)
私のホームステイ先でも夜ご飯が冷凍食品の日もあれば、
ハンバーガーの日もありました。

それでも、日本だけの固定観念で「どうしてこんな食事しか出してくれないの?」とか
「これだけじゃ物足りない!」とか文句だけを言っていては、
異文化の理解にはならないと思いました。

足りなければおかわりを申し出る、味がないと感じれば、
ケチャップやお塩を自分の好みでかけてみる、などやってみましょう。

逆にお腹がいっぱいになった場合には、食事を残しても全く問題ありません

欧米の方は残すことがもったいないとかお行儀が悪いという感覚はないので、
食事に関しても遠慮せず、自己主張をした方がいいですよ!

人生に一度はクリスマスを海外で過ごしてみるのもあり!だと思います♪
ぜひ来年のクリスマス海外で過ごしてみてはいかがでしょうか?

海外で過ごす方も、日本で過ごす方も皆さんクリスマス、
お正月と飲みすぎには注意して、素敵な時間をお過ごしください♪

Wishing you a merry Christmas and a happy new year!!
Have a lovely day!!
カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報