留学生&WISHスタッフブログ:2010年12月

新年に向けて

こんにちは。
東京本社の山田です。

今年ももうすぐ終わりですね。
あっという間の1年だったような気がします。

特に、急に寒くなった師走の12月はいろんなイベントがあり早かったですね。
クリスマスパーティー』や『忘年会』などお酒を飲む機会がついつい増えました。

14日のスタッフブログにもありますが、
WISHのクリスマス・パーティーには、たくさんの方に参加していただきました。

ありがとうございました。


今年も残り数日ですが、私にはまだまだやらなければいけないことが・・・・。

家の大掃除年賀状作り

掃除は意外と嫌いではないので
窓を拭き、網戸を洗い、普段掃除しないところを
一日中頑張って掃除するつもりです。

年賀状作りは、家族の意見を聞きながらイラストや写真を決め
(私はセンスがないので発言権はなく)結局は印刷担当

うちは、子供によってイラストが違うのでツリー・カード.jpg
時間と手間が掛かるので大変。
でも結構楽しんで作っています。

皆さんは、もう年賀状を書きましたか?


そうそう、WISHに海外の学校や
WISHサポートオフィスから
たくさんのクリスマス・カードが届いていました。


私は海外で年を越した経験がないのですが、どんなものか経験してみたいです。

さて、年末は、来年はどんな年にしたいか、
どんな目標を立てるか考えるタイミングですよね。

やはり『何かを成し遂げたい!』『スキルアップしたい!』って考えませんか?
『海外留学』は最適です!

パンフ.jpgWISHは、たくさんの方に
素敵な留学生活を提供できるよう
来年も頑張っていきます。

今年も1年間、本当にありがとうございました。
カテゴリ:
WISHでの出来事

イギリスのクリスマスと食事事情

こんにちは、東京オフィス留学カウンセラーの吉田です!

今日24日はクリスマス・イブということで
私がイギリス留学中に過ごしたクリスマスについてご紹介します!

欧米ではクリスマスは家族と家で一緒に過ごすのが一般的です。
子供がいる家庭では、クリスマスツリーの下に置かれているプレゼント
25日の朝に開けるのも子供達の楽しみです!

イギリスでは、25日におじいちゃん、おばあちゃんも家に集まって、
クリスマス・ディナーを楽しみました♪

朝からお昼のブランチの時間には軽食を済ませ、
午後3時くらいにクリスマス・ディナーを食べました。

ディナーといっても、明るい時間に食べるのは初めての体験でした!

クリスマス・ディナーには、ロースト・ターキー
温野菜(にんじん、芽キャベツ、カリフラワーなど)を添え、
クランベリー・ソースグレービー・ソースをかけていただきます。

夜はお酒を飲みながら、ドライフルーツやチーズ、サンドウィッチの盛り合わせなどを
つまみながら家族とおしゃべりしたり、映画を見たりしました!

ホストマザー朝から食事の準備で大忙しの様子でした。
これは日本のお母さんが正月御節料理を作るのと
同じように忙しいイメージでしょうか。

海外ではお正月よりもクリスマスの方がもちろんビッグイベントで、
お正月はゆっくり家で過ごすことが多いようです。

クリスマスからお正月はお店もお休み
バスや電車もストップというところも多いです。
   ツリー・オーナメント.jpg           クリスマスツリー室内.jpg

ちなみに・・・イギリスの日常生活ではどんなものを食べているのか?!
私がイギリスのホームステイ滞在中に食べていたイギリスならではの食事をいくつか紹介します!

欧米では、主食という概念があまりないように思いますが、
イギリスでは、何よりポテトをたくさん食べていました。

イギリスの代表料理「フィッシュ・アンド・チップス」
(白身魚のフライとポテトフライ)もポテトだし、
マッシュ・ポテトやオーブンで焼いたベイクド・ポテトもよく出されます。

日本人の感覚だと「ジャガイモが主食?!」
とイメージしにくいですが、色々な調理方法で食べています。

私はジャガイモがそれほど好きでなかったため最初は慣れませんでしたし、
食事に物足りなさを感じていましたが、次第に慣れました。
イギリスの食事はあまりおいしくない、と思っている方も多いかと思いますが、
そのうち慣れますよ!!


Fish and Chips.jpg
 Jacket Potato.jpg Sausage and Mash with gravy sauce.jpg
              fish & chips                             jacket potato          sausage & mash with gravy sauce  

 ※上記3点写真出典:『jamie's dinners』→Jamie Oliver 雑誌カバー.jpg
  筆者Jamie Oliverは、ロンドンに住む、
  イギリスで有名な料理家の一人です。
  彼はレストランのオーナーでもあり、
  イギリスの料理番組にも出演しています。
  本屋さんには彼の料理本もたくさん並んでいます。



イギリス人は食事に対して、日本ほどの繊細さはないので、
(イギリス人に怒られちゃうと思いますが・・・)
私のホームステイ先でも夜ご飯が冷凍食品の日もあれば、
ハンバーガーの日もありました。

それでも、日本だけの固定観念で「どうしてこんな食事しか出してくれないの?」とか
「これだけじゃ物足りない!」とか文句だけを言っていては、
異文化の理解にはならないと思いました。

足りなければおかわりを申し出る、味がないと感じれば、
ケチャップやお塩を自分の好みでかけてみる、などやってみましょう。

逆にお腹がいっぱいになった場合には、食事を残しても全く問題ありません

欧米の方は残すことがもったいないとかお行儀が悪いという感覚はないので、
食事に関しても遠慮せず、自己主張をした方がいいですよ!

人生に一度はクリスマスを海外で過ごしてみるのもあり!だと思います♪
ぜひ来年のクリスマス海外で過ごしてみてはいかがでしょうか?

海外で過ごす方も、日本で過ごす方も皆さんクリスマス、
お正月と飲みすぎには注意して、素敵な時間をお過ごしください♪

Wishing you a merry Christmas and a happy new year!!
Have a lovely day!!
カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報

居心地のいい街、メルボルン!

皆さん、こんにちは!法人担当の渡邊です。

さて、突然ですが、海外旅行や留学を経験された方に質問です!
今までで一番印象に残っている国や都市はどこですか?
私の1番はやはり、5年半の間生活していた、アメリカのカリフォルニア州オレンジカウンティーですが、次に印象に残っているのは、オーストラリアのメルボルンです。
今回はこのメルボルンについてご紹介します。



初めてメルボルンを訪れたのは、出張で行った2年前の9月でした。mel1.jpg
それまでオーストラリアは1度も訪れたことがなく、アメリカが大好きだったので、皆さんにご紹介はしつつも、オーストラリアにもメルボルンにもさほど大きな興味を持っていませんでした。
ところが、いざ訪れてみると最初に「なんて居心地のいい街なんだろう!街も人も草花もそして空気も、みんなが私をwelcomeしてくれている!」と強く感じたのを覚えています。






メルボルンは人口400万人、新旧の建物が調和する、食とワイン天国の街mel3.jpg
多彩な文化、歴史、芸術を緑が豊かに包み込むガーデンシティです。
アカデミックな雰囲気の街で、「観光都市」ではなく「学園都市」と言われているにもうなずけるほど、まじめな学生が多いのも特徴です。
世界の住みやすい都市ランキングでも毎年上位にランクインされ、留学の期間を問わず、おすすめの街です。
とても馴染みやすい街なので、初めての海外、初めての留学という方にも人気が高いです。





世界各国の食が楽しめますし、カフェの多さは世界でもトップレベルmel2.jpg
メルボルンに行かれたら、ぜひお気に入りのカフェを見つけてみてくださいね。
また、少し郊外に出れば、ペンギンパレードで有名なフィリップ島や、「世界一美しい海岸線」と言われるグレートオーシャンロードなどの観光地もありますよ!
学校での勉強はもちろん、観光やカフェめぐりで異文化を満喫できること間違いなしです!

カテゴリ:
オーストラリア情報

留学のきっかけ

こんにちは!
東京オフィス留学カウンセラーの伊東です。

寒くなりましたね。
インフルエンザやノロウィルスが流行っているようですので、皆さんお気をつけくださいね!

さて、今このブログを読んでくださっている皆さんは、きっと留学に興味があったり、
留学を終えて帰国されたなど、留学とご縁のある方ですよね。

皆さんはどのようなきっかけで留学に興味をもたれましたか?

「友人や親戚に薦められた
「道で外国人に話しかけられたが、ちゃんと答えられなくてて悔しかった
「世界中に友達を作りたい!目指せ友達100人!」

など、きっとさまざまなきっかけがありますよね。

私が留学を考え始めたきっかけは、専門学校時代の学校行事、
その名も「インターナショナル・ウィーク」でした。

1年に1度、海外の提携校から交換留学生が来て2週間日本に滞在し、
宿泊研修や授業、アクティビティを通じて交流するというものでした。

集合写真.jpg

姉妹校の学生が建てたロッジでの宿泊研修

    室内BBQ.jpg       浴衣で.jpg
         

        海外でも日本でも定番!?のバーベキュー☆                                 皆で浴衣!正しい着方を
                                                                                                         説明するのはなかなか難しい(>_<)



山門.jpg

お賽銭やおみくじは英語では何と言うでしょう?



体育館.jpg  カラオケ.jpg

海外の語学学校でもよくあるアクティビティ。こういう機会には友達が増えます!

なんとなく参加した学校行事でしたが、
「もっと英語が話せるようになりたい!」という想いが強くなり、
私の留学のきっかけとなりました。

このブログをお読みいただいたことも、誰かの留学のきっかけになるとうれしいです!
カテゴリ:
スタッフの日常

WISHのクリスマスパーティー

こんにちは。
東京オフィス・ケアカウンセラーの貝塚です。

12日の日曜日に毎年恒例のWISHのクリスマスパーティーを開催しました!

出発前のお客さまをメインに、帰国された方留学をご検討中の方など、
総勢30名の方にご参加いただきました。
師走のお忙しい中お集まりいただいた皆さん、本当にありがとうございました♪        

みんなでパチリ!.jpg短い時間ではありましたが、楽しんでいただけましたでしょうか?
ご参加いただい方々には半ば強制的(笑)に三角帽子などをかぶってもらったのですが、
恥ずかしそうにしながらも、皆さん童心に戻って自然に笑顔になっていて、
見ている私もワクワクしてしまいました。

   笑顔女子4名.jpg    笑顔スティーブ他.jpg

皆さんお互いに初対面なので、パーティー開始当初は緊張気味でしたが、次第に
どこに留学するんですか?あっ、私もカナダなんです~!」とか、
「ワーホリどうでした?」という感じで、
留学・ワーキングホリデーという共通の話題ですぐに打ち解けていました

笑顔ベスト.jpgチキンやケーキを食べながら留学話に花を咲かせるだけではなく、
2種類のゲームで遊びながらもちゃんと英語の勉強もしたんですよ。
『WISH』のクリスマスパーティーですからね。

どんなゲームかというと、1つ目が『○×ゲーム』です。

○×ゲームは、その問題の内容が正しいと思ったら○ゾーンへ、
間違っていると思ったら×ゾーンへ移動するというものですが、
普通にやっては芸が無いのでそこは一工夫

その問題を、普段WISHの留学準備講座○×ゲーム全問正解の方々.jpg
英会話レッスンを担当しているジョナサン先生
英語で読み上げてもらいました。

日本語で聞いたら簡単な問題でも、
英語でしかもネイティブ発音で言われると、
「え~!問題がわかんな~い!!」
なんて声も聞こえてきて、
結構皆さん考え込んでいたようです。

スペリング・ゲーム.jpg2つ目は『スペリングゲーム』

帽子の色でチーム分けをし、各チームの代表5人で
5文字のアルファベットから成る英単語を
1人1文字ずつ答えてもらい完成させるというものです。

正解するとチームにポイント加算。

1文字でも
綴りが間違っていたら得点無しというルール
(某クイズ番組でやっていますよね)で対戦し、思いのほか緊張感が漂いました(笑)

さらに最後は定番の『ビンゴゲーム』で大盛り上がり!

もちろん数字は、ジョナサン先生が元気に英語で読み上げましたよ。
商品が当たった方、おめでとうございました!!

    ビンゴ1等賞の方.jpg     ビンゴ2等賞,3等賞の方々.jpg

このクリスマスパーティーを通じてお客さま同士が仲良くなって、
留学仲間を作ったり、情報収集ができたり、
少しだけですが英語の勉強になったりしていただけていたようです。

いよいよ、2010年も残すところあと2週間となりました。

やり残した事はありませんか?
忘年会や大掃除などで忙しくなる時期だと思いますので、
体調管理に気をつけて、良い年の瀬をお過ごしください☆
カテゴリ:
WISHでの出来事

夏のクリスマス!

はじめまして。
名古屋オフィス留学カウンセラーの佐藤です。

12月といえばクリスマス
海外では日本以上に、クリスマスは一大イベントです。

12月に入ると、街のあちこちに巨大なクリスマスツリードーン!!
市内を走る無料バスも「メリークリスマス」!
     クリスマス行きバス.jpg       クリスマスツリー.jpg

また、「クリスマスショッピングしなきゃねー」という声が
あちこちから聞こえてきます。

クリスマスショッピング」、聞きなれない言葉ですよね?
日本ではプレゼントを買うとお店の方がラッピングしてくれるのが普通ですが、
海外ではプレゼントやカードと一緒にラッピング用の包装紙やリボンも購入し、
自分で包装するのが一般的なんです。

そのため、包装紙やカードの種類もたくさんあって、
プレゼントの中身とともに、それらを選ぶのも一つの楽しみなんです!

また、クリスマスは家族で過ごす日で、
友人とは翌26日のボクシング・デー(Boxing day)
一緒に過ごすという人も多いです。

ボクシング・デー」、これまた聞きなれない言葉ですよね。
一説によると、家のツリーの下に置いておいたプレゼントの箱(BOX)を
翌日(26日)に開ける、という意味からきたそうです。

スポーツのボクシングかと思ったら、関係ありませんでしたね。。。

アメリカ以外の国はこのボクシング・デーも祝日で、
25日と26日はお店も閉まっているところも多いので、
この時期に海外に滞在される方はご注意くださいね。

でも、翌日からはセールが始まるので、掘り出し物が見つかるかも!

また、この時期真夏のオーストラリアでは、
サンタクロースサーフィンをしているって聞いたことはありませんか?

私は何度かオーストラリアでクリスマスを過ごしたことがありますが、
運が悪かったのか、サーフィンをしているサンタクロースは見るチャンスがありませんでした。

ともあれ、この時期、オーストラリアはビーチシーズン
放課後や休日は、皆でビーチに出かけました!

ビーチ.jpg海外クリスマス年末年始を過ごしてみるのも素敵な想い出になりますよ。
真夏のクリスマスはあまりイメージがわかないかもしれませんが、なかなか良いものです!
ひょっとしたら、サーフィン姿のサンタクロースにも出会えるかもしれませんよ!

カテゴリ:
オーストラリア情報

満足度120%!複合多民族国家シンガポール!

こんにちは!
大阪オフィスの兵庫です。

街中はクリスマスムード一色ですね。
コートやマフラーを身に付け、まさに師走という感じです。

そんな寒い日本とは対照的な赤道直下の国シンガポールに行ってきました!
妻の母がシンガポール人なので、私にとっては特別な国なんです。

シンガポールは一年を通して高温多湿の常夏の国。
大きさは兵庫県の淡路島と同じくらいと小さな国ですが、
人口は430万人と、ニュージーランドとほぼ同じなんです!
複合多民族国家としても有名で、さまざまな文化が体験できるおもしろい国です。

まずはなんと言っても観光名所のマーライオン
「世界がっかり名所」
としても有名(?)ですが、私は"がっかり"は無かったですよ。
結構感動しました!
景色も良いところだし、「シンガポールに来た!」って感じです(写真は、お約束の1枚)。
この他に、リゾートアイランドとして開発が進んでいるセントーサ島にも、
巨大なマーライオンが新しくできていました。
   マーライオン1.jpg     マーライオン2.jpg

シンガポールでの食事と言えば、
屋台村.jpgいたるところにある屋台村
地元では「ホーカーセンター」
と呼ばれて親しまれています。
ここでの食事がたまらなく美味しくて、
安くて、忘れられないです。

シンガポールの人々は、
家で料理をほとんどしないそうで、
朝昼晩、このような屋台などで食べるんです。
ありえないくらい安いので、
自炊するより良いみたいです。

ショッピング.jpg
また、シンガポールと言えば、
ショッピング天国!

国の半分がショッピングセンター?
と言いたくなるくらい、
ショッピングをするところがたくさんあります。

ありすぎます!

しかもどのショッピングセンターも
1日では全て見ることができない程の大きさなんです!

最初に書いた通り多民族国家なので、さまざまな文化が共存しているのも魅力です。
中国、インドを始め、こんな小さな国なのにいろいろな文化に触れられ、
もの凄いパワーを感じました!


   中国寺院.jpg   ヒンズー寺院.jpg

皆さんも是非そんな魅力たっぷりのシンガポールを訪れてください。

ちなみにシンガポールの公用語は英語中国語マレー語タミル語と4つありますが、
主に使われているのは英語中国語です。

観光はもちろんですが、留学先としても教育水準が高い国でお勧めですよ!
カテゴリ:
アジア情報

オーストラリア大陸最東端の町、バイロンベイ

こんにちは!東京オフィス留学カウンセラーの糟谷です。

2010年も残り1ヶ月をきり、だんだんと寒くなってきました。
皆さんも風邪などひかないよう、しっかり防寒対策をしてくださいね。


ビーチに人.jpg
さて、冬が訪れた日本とは対称的に、南半球にあるオーストラリアはこれからが夏本番!すでにビーチはたくさんの人々で賑わってきています。そんなオーストラリアのバイロンベイに行って参りました!ワーホリで滞在して以来だったので懐かしかったです。





タイトルにもあるとおり、バイロンベイは、オーストラリア大陸の『最東端』の町です。ニューサウスウェールズ州とクイーンズランド州の境目にあり(ぎりぎりニューサウスウェールズ州)、ゴールドコースト空港から1時間程度のところです。あまり大きくはありませんが、僕の大好きな町の一つで、たくさんの魅力があります。まずは、なんといっても、海です!まさに大陸の最東端に位置する灯台と綺麗な海岸線はほんとうに素晴らしい景色です。


ビーチ.jpg  灯台.jpg


サーファー.jpg

サーファーにとっては絶好の波が来ますので、地元のプロ級のツワモノたちが競ってビッグウエーブを乗りこなていました!
僕には大きすぎたので、浅瀬でちゃぱちゃぱと遊んでいました(笑)





ヒッピー.jpg


また、オーストラリアのヒッピー文化が浸透しているという面もあります。町のあちこちで音楽が流れ、全身にタトゥーをした人や、ドレッドヘアーの人がたくさんいます!ヨガも流行ってましたね。





スーパー.jpg

食べ物面ではオーガニック系のレストランカフェがいたるところに点在し、オーガニックフードのマーケットも開かれていました。このバイロベイもそうですが、オーストラリアは海が本当に美しく、太陽の恵みを受けた野菜等も新鮮で美味しいです!





波の音を聞きながら、他人の目を気にせずに好きな格好で生活できるというのは最高ですね!
この他、オーストラリアには素敵な町やポイントがたくさんあります!海が大好き、自然が大好きという人にはとってもオススメです!!寒い日本を抜け出して、ベストシーズンのオーストラリアに行ってみませんか?


ただ一点、最後に注意点があります。
オーストラリアには州ごとに時差がありますので、帰りの飛行機の時間には十分気を付けましょう!
ちなみに僕は危うく遅れそうになりました。。。

空港.jpg  飛行機.jpg

カテゴリ:
オーストラリア情報

ブリスベンWelcomeパーティー♪

こんにちは。
お久しぶりです。ブリスベン・サポートオフィスのみほこです。

WISHスタッフブログは2回目の登場!
今回は、先日開催したブリスベン・オフィス恒例の、
スタッフ宅での『Welcomeパーティ』の様子をリポートしますね!

ソファーで集合写真.jpgこのWelcomeパーティー、新しくブリスベンに
留学やワーキングホリデーで到着された方を歓迎する、
WISH仲間の親睦会みたいなものなんです。

これまでも、お好み焼き、とんかつ、お鍋などなど、
季節に合わせて、また、
皆さんからのリクエストで企画してきましたが、
今回は、バンクーバー・オフィスに対抗して(笑)
餃子パーティー
です。
今回の参加者は全部で7名。
最近到着された長期留学とワーキングホリデーの子たちと、
すでに滞在歴も数ヶ月~1年以上の先輩たちです。

当日は、みんなで餃子を包むところからスタートするはずが、餃子.jpg
遅刻者が出て、大量の餃子を私が一人で包むことに!
もうしばらく餃子は見たくないです(笑)。

まぁ、それはよいとして、
他にも煮物きんぴらを作って待っていたら、
ようやく皆さんが到着し、パーティースタート!

食卓を囲んで.jpg皆さん、早くも日本食に飢えているのか、
このコテコテの日本食に大喜び!
なかなかの食べっぷりです。

私がで作っている季節の野菜
ミョウガシソセリ三つ葉などの
薬味も登場するんですよ~。


そんななか、皆さんからいつもリクエストが入るのが「納豆」!
やっぱり日本の味なんでしょうか。
幸せそうに納豆をかき混ぜているこの姿をご覧ください!!

   納豆.jpg     テレビを運ぶ.jpg

男の子たちは、遅刻のお詫びにって言って、
ウチのテレビを運ぶのを手伝ってくれました(笑)
皆さん、とってもやさしい、いい子たちなんです!!

今回の参加者のなかには、ワーキングホリデーの子たちも4人いて、
しかもそのうちの一人はすでにセカンドビザに突入した2年目のベテラン!
これからワーホリ生活をスタートする皆さんは、
興味津々でいろんな情報を伝授してもらっていましたよ。

ワーホリ生活を楽しむには
先輩からどれだけ情報を得られるかがカギですからね!

こういうところで知り合えば、すぐに仲良くなれるので、
その後の友だち関係も続いているようで、ブリスベンの母(←私)も一安心です(笑)

メンバー2人.jpgちなみに、この日はその後
2人がみほこ宅にお泊りでした~。

これから、ブリスベンに来られる方も、
こんな感じですぐに溶け込めますので、
安心していらしてくださいね♪

カテゴリ:
海外サポートオフィス
  • 1