留学生&WISHスタッフブログ

WISHライブラリー

こんにちは!
東京オフィス・ケアカウンセラーの貝塚です。

全国各地の紅葉スポットも見頃を迎え、すっかり秋も深まってきました。
まだ暖房をつけるほどではありませんが、
私の愛用の『おこた』はすでに活躍し始めています。
この時期、体調管理には十分気をつけたいですね。


話は変わりますが、留学を決められたお客様から
「英語が全然話せないんですが、どうしたらいいですか~?」と、
半ば悲鳴に近い(笑)ご相談をいただくことがよくあります。

そこで今回は『WISHライブラリー』からお勧めの本をいくつかご紹介したいと思います。


まず『WISHライブラリー』とはなんぞや?ということからご説明しますね。
WISHのカウンセリングルームには、たくさん情報収集をしていただけるよう、
さまざまなガイドブック英語に関する本などが用意してあり、
自由に閲覧していただけます。

また、留学をお申込みいただいた方は、ご出発までの間、
1度に2冊まで2週間無料でそれらの本を借りることができるので、
お家に帰ってじっくりお読みいただけるんです。

そのライブラリーの本の中で、WISH Academy.jpg
「超英語初心者!」という方にもお勧めなのが、
『WISH Academy』という黄色い表紙の本です。

こちらはWISHが制作した本で、皆さんに覚えてほしい英会話を、
留学先で遭遇するであろうシチュエーション別に、
簡単なセンテンスでまとめています。
「時間もお金もない!」という方は
これを1冊丸暗記してしまえば、
必ず現地で役に立つはずです!



これを英語で言えますか.jpg少し英語が身についてきたかな?と思う方にお勧めなのが、
『これを英語で言えますか?』
(講談社インターナショナル)
です。

例えば、「いただきます」は英語で何と言うか分かりますか?

実は英語には、日本語の「いただきます」に相当する
決まった表現がないのです。

普段なにげなく使っている簡単な挨拶なども、
いざ英語でとなると分からなくなってしまうものがたくさんあり、
そういった表現を紹介してくれているのがこの本です。

『これを英語で言えますか?』
  他の英会話本にはない表現がたくさん載っていて、
(講談社インターナショナル)    とってもおもしろいですよ!


最後にお勧めしたいのが、皆さんがよく知っている映画やドラマなどの原書です。
見たことのある映画などの原作を改めて英語で読んでみると、
ストーリーが分かっている分、楽しみながら英語が身に付きます。鉄腕アトム表紙.jpg

中でも『ASTRO BOY』(Dark Horse Comics (R) )は、
マンガ『鉄腕アトム』(作者:手塚治虫)をそのまま英訳したもので、
字ばかりの本が苦手...という方に特にお勧めです。

鉄腕アトム中身.jpg



  ⇐『ASTRO BOY』
   (Dark Horse Comics (R) )⇑


読書の秋、
『WISHライブラリー』
ぜひお気に入りの1冊を
見つけてください!

ご来社を心より
お待ちしております!!
カテゴリ:
WISHでの出来事