ここが魅力!!

Point 生活しやすい

治安が良く、外国人にも友好的で、生活しやすい国です。

Point 治安がいい

都会から少し離れるだけで、大自然に出会えます。冬はスキーやスノーボード、夏はハイキングや乗馬などが楽しめます。

Point 多民族が集まるモザイク国家

移民の国カナダには世界中のあちこちから人々が集まり、それぞれの習慣をお互いに尊重しながら生活しています。そのため、自分が外国人であるということをあまり意識せずに滞在でき、またさまざまな価値観や考え方を持った人と知り合うことができます。

カナダに住む

ワーキングホリデー渡航後しばらくの間は、カナダでの生活に慣れるためにもホームステイが人気です。現地の人と一緒に生活するので、日常の会話で英語力アップも期待できます。その後、友だちや知り合いと共同で生活する家具付きのアパート(一軒家、フラット)での滞在に移る方が多いです。

カナダに住む

生活費の目安

アパートシェア(2人) 約CAN$500~/月
電気・光熱費(水道料金無料) 約CAN$20~/月
カフェでコーヒー CAN$1.75~2.5
ランチ CAN$6~
水(500ml) CAN$2~

カナダで働く

カナダのワーキングホリデービザは就労期間に制限がないのも魅力!主要な都市では土産物屋や飲食店などでの仕事がワーキングホリデーの方には一般的ですが、観光が盛んなカナダでは旅行会社での勤務やツアーガイドとして働くチャンスもあり、4月~9月の夏の時期に比較的仕事が見つけやすいでしょう。また、田舎ではファームでの住み込みの仕事などもあり、ウィスラーなどのスキー場では夏頃から、冬に向けての住み込みでの仕事の募集も多くなります。

カナダで働く
時給の目安 CAN$10.25~
ワーキングホリデーでよくある仕事 ・レストランやカフェ
・土産物屋
・ツアーガイド
・ファストフード店

カナダで学ぶ・遊ぶ

カナダのワーキングホリデーでは最大6カ月まで学校に通うことができるので、しっかり勉強もしたいという方におすすめです。また、カナダの英語はきれいで聞き取りやすいと言われるので、初心者の方も安心です。カナディアンロッキーやナイアガラの滝などの観光地への旅行はもちろん、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツも楽しめます。

カナダで学ぶ・遊ぶ
語学力があれば生活がスムーズ!まずは語学学校から

語学力の規定がないワーキングホリデーですが、語学力があるほうが渡航後の生活はスムーズですし、仕事も見つかりやすくなりますので、ほとんどの方はワーキングホリデー渡航後まずは語学学校に1~数カ月通っています。学校に通えば、語学力アップはもちろんのこと、友だちもでき、情報収集にも役立ちます。

カナダのワーキングホリデー参加資格

日本国籍の場合の参加資格 2016年度情報(2016年11月現在)

年齢 18歳~30歳 ※大使館申請書受理の時点
その他条件 ・最低CAN$2,500相当の資金を有していること
・滞在期間中の障害・疾病をカバーする医療保険に加入すること
・CAN$250相当のプログラム参加費の支払いができること
・カナダ国内で仕事がまだ内定していないこと
・以前にカナダのワーキングホリデービザを取得していないこと
・往復航空券、もしくは帰国の為の航空券を購入できる資金証明があること
・扶養家族を同行させないこと
滞在期間 ビザの発給から12カ月以内に入国し、滞在は通常入国から1年間
就学期間 6カ月以内
就労期間 制限なし
※カナダ入国時に日本の移民局で発行された許可通知書を見せて、ワーキングホリデー就労許可証を発行してもらうこと
申請受付期間 2016年出発分は定員6,500人で抽選になります。
1月18日より申請枠へ登録し、抽選で選ばれるとアカウントに招待状が届きます。
その後、20日以内にWork Permitの申請を行い、問題なければ許可レターが届きます。
抽選期間は年2回です。

※条件などは随時変更になります。必ず最新情報をご確認ください。

留学を目的で選ぶ