0120-470-790 平日 10:00 〜 20:00(⼟⽇ 19:00まで)
イベント・セミナー・説明会 資料請求
無料 留学相談
メニューを閉じる
ホーム > 留学を目的・年代で選ぶ > ワーキングホリデー > ワーキングホリデーの1日の過ごし方
ワーキングホリデー

ワーキングホリデーの1日の過ごし方

ワーキングホリデーの過ごし方は人それぞれ。
ここでは、あるワーキングホリデー参加者の普段の一日をサンプルとしてご紹介します。

ワーキングホリデー参加者のある1日

留学先:オーストラリア メルボルン AUSTRALIA MELBOURNE
いろんな街を体感したい、生活費を稼ぎながら語学力をアップさせたいなど、ワーキングホリデーに参加する人の目的はいろいろ。大切なのはワーキングホリデーで過ごす1年間があなたにとって実りある時間かどうか。現地情報が満載のWISH海外サポートオフィスを大いに活用して、充実したワーキングホリデーにしてください。
7 : 00
起床
通学の準備ができたら、出発。
まずはお気に入りのカフェで目覚めの1杯。
メルボルンは早朝からカフェがオープンしているので「カフェでコーヒー」が毎朝のルーティンになっています。
8 : 00
登校
世界文化遺産の前で友人と待ち合わせ
絶景をを眺めながら、いつものメンバーで学校へ。
8 : 45
授業
いろいろな国からの留学生と一緒の英語の授業は刺激的。
お互いの国のことを話し合うことも。
13 : 30
昼食
授業が終わったらクラスメイトとランチ。
毎日どこで食べるか迷ってしまうほどカフェやレストランが多いメルボルン。
今日はイタリアンでランチ!
14 : 30
クラスメイトと図書館で勉強
「ビクトリア州立図書館」は自習スペースが充実していて、放課後の学習スポットとして人気です。
世界で最も美しい図書館の1つと呼ばれるだけあって館内もお洒落!
16 : 00
WISHサポートオフィス
学校のそばにあるWISHメルボルンオフィス。
スタッフはとても親切でフレンドリー!
自由に使えるパソコンもあるので、生活に必要な情報を集めることができます。
悩みも相談でき、とても心強い存在です。
17 : 00
アルバイト前に早目の夕食
いつもの仲間といつもの場所で。
1日の出来事をキャッチアップします。
19 : 00
アルバイト先のバックパッカー
様々な国の旅行者や留学生が利用しているので、常に和気あいあいの雰囲気。
キッチンでは日本の料理を教える事も。
23 : 00
帰宅
毎晩ライトアップが変わるメルボルン市内。
夜も警察のパトロールがしっかりしているので安心して歩けます。
24 : 00
金曜日の夜は、まだまだこれから!
家に帰ると全員の出迎えを受けます(笑)
楽しいひと時を最高の仲間達と。メルボルンでの出会いに感謝。
今週もお疲れ様でした。
はじめての留学なら、安心サポートの
お気軽にご相談ください!
留学相談は、お近くのオフィスにお立ち寄りいただくか、オンラインにて受付しております。
0120-470-790
受付時間 平日 10:00 〜 20:00(⼟⽇ 19:00まで)
オンラインもあります!
無料で留学相談する
情報収集におすすめ!
イベント・セミナー・説明会