憧れの国で学ぶ、働く、遊ぶ!自分だけのスタイルで海外で自分磨き!

海外で1~2年間、「学ぶ」「働く」「住む」「旅する」を同時に楽しめるのがワーキングホリデーの制度です。現在日本とワーキングホリデーの協定を結んでいるのは、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマーク、台湾、香港の11カ国。最長1年間(国によっては2年間)、その国に滞在し、仕事もできるので滞在費を補いながら生活できるワーキングホリデーは、費用を抑えて海外に住むことができる人気の渡航方法です。参加に英語力の基準もないため、年齢などの条件をクリアしてワーキングホリデービザを取得できれば、誰でも渡航することができます。

異なる文化のなかで、学校に通いながらアルバイトをしたり、ボランティアに参加したり、スポーツや旅行を堪能したり。ワーキングホリデーでは、留学とは一味違う、自由な海外生活が楽しめます。

ワーキングホリデーでできること

学ぶ LEARN
学ぶ

参加に際し、英語力の規定がないワーキングホリデーですが、語学力があるほうが渡航後の生活はスムーズですし、仕事も見つかりやすくなります。国によってワーキングホリデーのビザで就学できる期間は異なりますが、ほとんどの方は渡航後まずは語学学校に1~数カ月通っています。学校に通えば、語学力アップはもちろんのこと、友だちもでき、情報収集にも役立ちます。

働く WORK
働く

留学と違い、海外で働くことができるので、生活費を補えるのがワーキングホリデーの魅力。語学力が高いほうが仕事の幅は広がりますが、場所によっては日本人観光客を相手にする仕事も多く、それほど高い語学力がなくても仕事を見つけることができます。地元の人と一緒に働くことで生きた英語を習得できたり、その経験を将来に生かすこともできます。

住む LIVE
住む

ワーキングホリデー渡航後は、まずはホームステイをする方がほとんどです。現地の人と一緒に生活することでその国の生活習慣を理解し、生活のなかの日々の会話から語学力を上げることもできます。その後は、一人暮らしよりも、数人で家やアパートに住むシェア滞在が一般的です。

旅する TRAVEL
旅する

時間を自由に使えるワーキングホリデーは旅行に最適!広大な土地を時間をかけてゆっくり回れば、人生観すら変わるかもしれません。長距離バスや列車を使って、また気の合う仲間と車でその国を一周するという方も多いです。

ワーキングホリデーの過ごし方は人それぞれ。
充実したワーキングホリデー生活を紹介!

ワーキングホリデー1年間のモデルプラン

過去にワーキングホリデーに参加された方の過ごし方を参考に、全く異なる3タイプのモデルプランを紹介します。

ワーキングホリデーの1日の過ごし方

自由にアレンジできるワーキングホリデーは生活の仕方も十人十色。あるワーキングホリデー参加者の普段の一日を紹介します。

  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • イギリス
  • アイルランド
  • フランス
  • ドイツ

こちらはWISHがワーキングホリデーの紹介をしている国です。

この他、韓国、デンマーク、台湾、香港が、日本とワーキングホリデーの協定を結んでいます。

留学を目的で選ぶ