世界に広がる進路

日本人だからといって、高校卒業後の進路が日本国内の学校とは限らない時代になりました。海外の大学で学ぶことで、英語力や専門知識はもちろんのこと、国際的に通用するコミュニケーション能力や大きな視野、国際感覚や世界に広がる人脈を得ることができます。

大学留学の魅力

英語をモノにする最善の方法 Studying abroad at a university

語学留学ではクラスメイトは英語が母国語ではない外国人同士ですが、大学留学では英語を使って現地の学生と対等に専門科目を学びます。高度な英語力が身に付くのはもちろんのこと、プレゼンテーションスキルや専門知識も高めることができます。

また、日々の会話や生活、娯楽や課外活動などのさまざまな場面において、コミュニケーション能力も自然と身に付いていきます。英語という世界共通語を使って学生生活を送ることで、ますますグローバル化が進む社会において必要とされる国際感覚が身に付くのです。

英語をモノにする最善の方法

自分に合ったコースを自由に選択 Studying abroad at a university

海外の大学には多種多様なコースや専攻科目があり、自分の希望や実力に合ったものを選択することができます。例えば、ジャーナリズムや幼児教育、心理学や女性学、犯罪学やホテル&レストラン経営学など、日本の大学では珍しい専攻も時代のニーズに合わせてカリキュラムが提供されています。

自分に合ったコースを自由に選択

国際的な舞台で活躍するチャンス Studying abroad at a university

現在多くの企業が高度な英語力と専門知識、そして異文化適応能力や国際コミュニケーション能力を備えた人材を求めています。外資系企業の日本進出はもちろん、日本の企業が海外の企業とやり取りをしたり、海外に進出することも珍しくない現況のなかで、多くの企業が国際競争力を高めるために、留学経験のある人材の採用にはこれまで以上に力を入れています。

アメリカやヨーロッパでは日本人留学生向けに企業の合同説明会が開催され、日本内外の多くの企業が参加していますし、日本国内でもバイリンガルや留学経験者向けの就職フェア、インターネットサイトや就職サポートサービスが増えています。

即戦力が求められる時代だからこそ、海外の大学で本格的な留学を経験し、高い語学力と国際感覚を身に付けた人材を積極的に採用しようとする企業が増えているのです。

国際的な舞台で活躍するチャンス

英語力や高校の成績が低くても大学留学はできる

条件付き入学制度

日本の大学に比べて、卒業するのは大変ですが、入学するのは比較的易しいのが海外の大学。海外の大学に入学する際、一般的には日本の入学試験のようなテストではなく、学力と英語力を審査基準に書類選考で合否が決まります。この両方が基準を満たしていれば希望の大学に直接入学できますが、英語力のみが基準を満たしていない場合には、大学によっては「条件付き入学制度」を利用できます。

条件付き入学制度とは、学力は大学の入学基準を満たしている場合に、大学の付属集中英語コースや大学提携の語学学校で英語力を付けることを条件として、大学が入学を認める制度です。

この制度を使って海外の4年制大学に進学する留学生も多くいます。

条件付き入学制度

編入制度

編入が盛んに行われる海外の大学では、まずは2年制大学やカレッジの大学編入コースに入学して、そこで取った単位や成績を持って4年制大学に編入することもできます。

一般的に、2年制大学のほうが4年制大学に比べて入学基準が易しく、学費も安いので、留学生にとっては入学しやすいのが特徴。2年制大学で費用を抑えて学びながら英語力も上げて、名門の4年制大学へ編入するのも賢い方法です。

一度の受験で進学先が決まってしまう日本と違い、進路を変更するチャンスが何度もあるのが海外の大学へ進学する魅力の一つです。

編入制度

人気の専攻や、大学留学に必要な英語力、書類を紹介!

海外の大学で学べるユニークな専攻

海外の大学では、日本の大学ではあまり見られない学科や専攻を学ぶことができます。留学生に人気の学科・専攻を紹介します。

大学留学に必要なもの

海外の大学に留学するために必要な英語力と、手続きに必要な書類をご紹介します。

留学を目的で選ぶ