0120-470-790 平日 10:00 〜 20:00(⼟⽇ 19:00まで)
イベント・セミナー・説明会 資料請求
無料 留学相談
メニューを閉じる
0120-470-790
受付時間 平日 10:00 〜 20:00(⼟⽇ 19:00まで)
ホーム > 特集・お役立ち > 特集・お役立ち > 乗り遅れる!厳しいセキュリティチェックに注意!
特集・お役立ち

乗り遅れる!厳しいセキュリティチェックに注意!

2022.01.14
乗り遅れる!厳しいセキュリティチェックに注意!

乗り遅れる!厳しいセキュリティチェックに注意!

ロサンゼルスでのホームステイを終え、帰国日を迎えたKさん。機内持ち込みのバッグには携帯電話やパソコン、カメラなどを入れていました。チェックインを済ませ、飛行機の出発までに時間があったので空港内でしばらく過ごし、そろそろと思って手荷物検査場に向かうと、驚くほどの長蛇の列。やっとKさんの順番になりましたが、検査官には、バッグを開けてすべての電器製品のスイッチを入れるように指示されました。周囲では同じような光景が一面繰り広げられています。セキュリティチェックが厳しいとは聞いていたものの、まさかここまでとは思わず、すべてのチェックが終わったのは飛行機の離陸時間直前で、肝を冷やしたKさんでした。

留学カウンセラーからのアドバイス

ニューヨークのテロ事件以後、日本でも空港でのセキュリティチェックが厳しくなりましたが、海外、特にアメリカの空港でのチェック態勢は日本よりもはるかに厳しいものであるという認識を持ってください。
まず、ナイフやはさみのような刃物は機内には絶対に持ち込めませんので、預けるスーツケースに入れましょう。
Kさんのように電器製品を機内で持ち込む場合には、機械の中に細工がされていないかをチェックするため、検査官の前でスイッチを入れるように言われます。調子が悪くてスイッチが入らなかったり、バッテリー切れで起動しないような場合でも没収される可能性があるので、注意しましょう。
また、靴も脱いで機械に通すように言われたり、搭乗ゲートの前で再び金属探知機による検査を行うなど、チェックが非常に厳しい空港もあります。
煩わしく思えるかもしれませんが、安全が確保されるのであれば、厳しすぎるくらいでよいのかもしれません。搭乗時間には十分な余裕を持って検査場に進むようにしましょう。

〈こちらの記事も読まれています〉

スタッフのふりをされて、実は悪質なタクシーホストファミリーがひとり暮らしのおばあさんなんて せっかくの日本食が、持ち込み禁止で没収 寮のルームメイトがアメリカ人じゃないなんて! 入学したらクラスは日本人ばかり。これじゃ英語が上達しない!? 有名校にこだわりすぎて、希望の授業が受けられない! 口約束はトラブルの元!契約書を交わすのが海外の常識 海外保険の延長をし忘れて、痛い出費! 楽しい旅行のはずか・・・再入国拒否で大慌て パスポートの有効期限が足りない!

 


はじめての留学なら、安心サポートの
お気軽にご相談ください!
留学相談は、お近くのオフィスにお立ち寄りいただくか、オンラインにて受付しております。
0120-470-790
受付時間 平日 10:00 〜 20:00(⼟⽇ 19:00まで)
オンラインもあります!
無料で留学相談する
情報収集におすすめ!
イベント・セミナー・説明会