留学生&WISHスタッフブログ

ホームタウン

こんにちは。東京本社の吉藤です。
今年も残り僅かとなりましたが、皆さん年末年始のご予定はお決まりですか?

私は海外に行こうかなーと思っていたのですが、つい先日、東京で出会った友人と
「地元どこ?」
「山口県」
「え!私も山口だよ!」
「山口のどこ?」
「多分知らないと思うよ。小さいし、マイナーな所だから…光市
「え------っ!!!??」

そう、同じ市の出身だったのです!

小さな町の出身者同士が、地元を離れて10年近く。東京で出会うなんて、偶然ってすごいですね!

その友人と地元で会おうと約束をしたので、今年は帰省することにしました。

お正月はゆっくり家族や友人と過ごす。大切な時間ですよね。年齢を重ねるにつれて、故郷のありがたみを、より一層強く感じるようになった気がします。


さてここで私たちの故郷「光」をご紹介したいと思います!

山口県の東南部、瀬戸内海に面した、光(HIKARI)市です。山口の海1

何がそんなに光っているのか。その正体は…海!

私は光市の中でも海のすぐそばで育ったので、地元の海への思い入れが強く、いろいろな国内の海に行きますが、やっぱり地元の浜が一番素敵だ!!と自負しております!
ゆるやかに弧を描く白砂青松の海岸線が約5kmにも渡って続いており、瀬戸内海の穏やかな波をボーっと眺めているだけでとっても癒されます。

地元にいた時は、季節に関係なく、遊びに行くと言ったら海だった気がします。

泳がなくても海へ。
潜らなくても海へ。
寒くても海へ。
何をするわけでもなく海へ。

山口の海2穏やかな浜辺は不思議な力があるようで、地元を離れた今も、帰省するとついつい足を運んでしいます。

早朝は漁師さんの船の音と釣りやヨットをする人たちで賑わいます。マリンスポーツや釣りが好きな方にはおすすめです。

冒頭で友人も言っていた「マイナーで小さな街」。
確かに他に何もないというのも事実。

ですが!唯一無二の海があり、穏やかでとても過ごしやすい街です。是非一度遊びに来てください。


地元に住んでいた時は、正直、故郷に対する思いは全く無いに等しかったのですが、離れてみて気づくこと離れなくてはわからなかった大切なことがたくさんあるように感じます。ホームがあるから新しいことに挑戦できたり、頑張れたりもしますよね!

留学先では、気候も文化も言語も全部一からの新しいことだらけで、大変なこともたくさんあると思います。
でもその分新しい出会い新しい感覚これまで気づかなかったこと学ぶことがたくさんあり、人生感もきっと変わると思います。

皆さんのホーム、日本から応援していますので、是非留学先でもいろいろなことにチャレンジしてみてください!

カテゴリ:
スタッフの日常