留学生&WISHスタッフブログ

パラオへ家族旅行

こんにちは。東京本社の小松です。急に寒くなりましたが、皆さん、風邪には気をつけてくださいね。

今回は2年ぶりに行った海外旅行の話をしたいと思います。

息子が小学校に入ってからは、保育園時代と違って、気軽に平日に出かけることができなくなったことと、夏は私がお休みを取れなかったので、今回は2学期制の小学校の貴重な秋休み5日間を使って行ってきました。

行き先は、家族で毎週見ている大好きなテレビ番組「世界の果てまで○○○Q」で見て以来、家族3人ともがはまったパラオです。東京スカイツリー


久しぶりだったので、成田空港へ行くことから楽しみでしょうがなかった私。
新しい成田エキスプレスに感動し、車窓からの東京スカイツリーの近さに息子と一緒に興奮し、車内で写真を撮りまくり、じゃがりこを食べながら初海外のようにはしゃいでいました

空港に着いてからも、成田空港のきれいさや、デルタ航空の自動チェックイン機で、1人約3000円でエコノミーコンフォート席に変更できることなどに、私が一番「へー、すごいねー、変わったねー」と興奮していました。


成田空港空港が空いていて、チェックインもスムーズに終わったので、展望ロビーに行ってみました。主人と息子は飛行機が大好き(男子は皆そうなのでしょうか?)ずーっと飛行機の話をしながら、たまに望遠カメラで離着陸を眺めていました。

私はショッピングの方がよかったんですけど。。。

その展望ロビーで、息子と同じ学校の子がいました!小学校の先輩ママに聞くと、秋休みはグアムあたりで同じ学校の子に会うことがあるとか。にしてもすごい偶然でした。

パラオのホテル1

飛行時間は直行便で4時間半ほど。息子は機内食が来る前に爆睡してくれたので、飽きてブーピー言い出すこともなく、楽チンでした。

今回の旅で1番楽しみにしていたのが、ロックアイランド&ミルキーウェイシュノーケリングツアー

テレビで見たまんまのミルキーウェイは、乳白色で波のない静かなマリンレイク。2mほどの海底に石灰質の細かい泥が沈殿していて、ガイドさんが海底から自然の粘り気のある白い泥を取ってきてくれます。その泥は保湿や美白効果が高く、お店で買ったら小瓶で5,000円以上すると聞いたもんだから、ツアー客は皆ボートの上で、頭から足のつま先まで泥を体中に塗りまくりました!

ミルキーウェイ皆、全身真っ白のおばけ
でも、保湿と美白のためです。恥ずかしいなんて言ってられません!

ツアー参加者で唯一の子どもだったうちの息子は一歩引いて、変な大人たちをクールに見ていました

それにしても、人工的に作ったのかと思うほどの乳白色のきれいな海は、美白効果は抜きにしても、そこにいるだけで幸せな気分になれました♪


その後、3つのシュノーケリングポイントに行って、熱帯魚たちと戯れました。
ナマコを捕まえてみたり、水中カメラで鮮やかな色の魚たちの写真を撮ったりと、「キレイ、キレイ」の連発!息子も大喜びでした。
パラオのホテル2少し前にはスピリチュアル団体(?!)が訪れたというパワースポットの岩の近くでもシュノーケリングをしました。私はなーんにも感じませんでしたが、その団体さんは「神々の宿る国と言われるバリ島よりもパワーを感じる」と言っていたそうです。
今回初めてシュノーケリングに挑戦した息子。最初は怖がっていたのですが、前日にやった主人の特訓(?)で、多少自信を持ってやれたようでした。大人に混じって行程をこなして、よくがんばった!!


もうひとつ楽しみだったのが、日本文化とシーフード料理

パラオは戦時中の約30年間、日本の領土だった時期があったので、町中に日本語表記のものがあったり、言葉も日本語が残っていたりするのです。

日本で見ていたテレビで、「美味しい」はアジダイジョーブ、「お弁当」はオベントウ、「乾杯」はツカレナオースと言うと聞いていたので、私たちもそれに倣って、ビールを飲む前に言ったりしていました。

ホテルのスタッフの方で、顔はバリバリ現地の方なのですが、自己紹介で名前がセイイチロウさんだと聞いて和んだり、年配のタクシードライバーさんには日本語が堪能な方が多かったりもしました。

なぜかビールは、パラオのローカルビールよりも、アサヒビールの方が安かったですが、期待していたマングローブ蟹は蒸しただけでも味がしっかりしていて、食事も大満足でした!!

マングローブ蟹  パラオの地ビール


これからパラオへ行くかもしれない方へエイ
飛行時間はたったの4.5時間で、ハワイのように日本語が通じるところも多く、お勧めです。ただし、プライベートビーチのあるホテルが1つしかないので、移動しにくいお子さま連れや、のんびり派の方は、ホテルの予約は早目がいいと思います。そのホテルのビーチには浅瀬に魚がいたので、息子はかなり喜んでいました。また、ホテル内の池にいる魚やエイや亀に餌付けもできるので、お子さんにはそれも楽しいと思いますよ。

そして、次回の我が家の海外は。。。
息子はいつものテレビ番組で見たポルトガルに行き先を決めつつありますが(大人~?!)、私は最近周囲で話題のマレーシアか近場のグアムあたりがいいかなと思っています。

カテゴリ:
スタッフの日常