留学生&WISHスタッフブログ

クリスマスマーケット

皆さん、こんにちは!名古屋オフィス留学カウンセラーの山形です。

11月に入り、大学生さんの春休み留学のお問い合わせが多くなってきていますが、それと同時に、年末年始の短期留学のお問い合わせもいただいています。
社会人の方は年末年始の休暇を利用して、学生さんは冬休みを利用してのことと思いますが、海外でクリスマスや年末年始を迎えるのもなかなかオシャレですよね。

私は以前イタリアを訪れた際、クリスマスの時期をローマで過ごし、ナボーナ広場のクリスマスマーケットに行きました。

ローマのクリスマスマーケット1
クリスマスマーケットと言うと、ドイツのそれを思い浮かべる方が多いのではないかと思います。
広場の中心にクリスマスタワーなどの塔が置かれ、それを中心にして出店が並ぶというお祭りのようなもので、お菓子などの食べ物やおもちゃ、土産物などが売られて、多くの人で賑わう、ドイツ語圏の冬の風物詩

日本では「クリスマスマーケット」と呼んでいますが、ドイツ語ではWeihnachtsmarkt(ヴァイナハツ・マルクト)と言うのだそうです。

そんなクリスマスマーケットがイタリアにもあったので、友人と一緒に行ってみました。

ダーツで景品を獲得するというゲームのお店を見つけたのでチャレンジしてみると、私はさっぱりだったのですが、友人がダーツを的に命中させたらしく、カメの置物をゲットしました。

ローマのクリスマスマーケット2  ローマのクリスマスマーケット3

これは、誰もがうらやむ景品なのかそれともハズレなのか・・・。

なんとも微妙な景品にリアクションに困った2人でしたが、周りで見ていた現地人が笑顔で拍手してくれたので、「このカメは貴重なものなんだ」と思うことにして、丁重に持ち帰ったのを覚えています。


その後は広場をゆっくり散策しましたが、至るところに風船が揺れ、カラフルなローマのクリスマスマーケット4お菓子やおもちゃで彩られた出店が連なる光景は、子どもに帰ったような気持ちになるくらいとてもメルヘンチックなものでした。

日本では味わうことのできない、海外らしいクリスマスを堪能した私たちは、帰りにチキンを買って、滞在先でクリスマスを祝ったのでした。

日本のクリスマスもライトアップやイルミネーションなどの素敵な演出がありますが、ヨーロッパのクリスマスはまた一味違った魅力があって素敵です。

海外でクリスマスや新年を迎えることで、文化の違いに触れてみるのもおもしろいかもしれませんよ。

カテゴリ:
イギリス&ヨーロッパ情報