留学生&WISHスタッフブログ

留学友だちとの再会

皆さん、こんにちは。名古屋オフィスの木村です。

先日、オーストラリアで知り合った友だち、私の地元である岐阜に遊びに来てくれました。
語学学校が一緒だったとか、同じ場所で働いたわけではなく、旅行中に滞在した宿泊先でたまたま数日間同じ部屋に泊まったことがきっかけで仲良くなった子です。

彼女は、私より先にその宿泊先を出て違う都市に移動してしまいましたが、携帯電話の番号を交換していたので、その後もオーストラリア内で連絡を取り合っていました。

私がパースに移動した際には、彼女が先に来て滞在していたので、曜日によって安くなるおいしいピザのお店や、食べたお客さんが自分で値段を決めて支払うというカレーのお店など、地元のいろいろな情報を教えてもらい、何度か会ってお茶したり、食事に行ったりしました。

さらには、私が日本語教師のアシスタントをする際に、彼女の知り合いの先生を紹介してもらうなど、本当にお世話になった友だちです。

お互いが日本に帰ってきた後は、メールのやり取りはしていたものの、なかなか直接会うことができなかったので、彼女とパースで別れてから直接会うのは約4年ぶりです。

gero1.jpg
そんな友だちをどこに案内しようかと考えた結果、冬といえば温泉!岐阜県の温泉といえば日本三大名湯の一つ下呂温泉!ということで、一緒に下呂温泉に行ってきました。

私たちが泊まった旅館は、女性に2つの特典がありました。

一つは、30種類以上ある浴衣の中から自分の気に入った柄のものを選べるということ。

そしてもう一つは女性だけに用意されたバラ風呂。お風呂に浮かべているのは自家栽培のバラだそうです。今は冬なので量は少なめでしたが、それでも見た瞬間「すご~い!」と歓声をあげてしまいました。ちょっとしたセレブ気分(?)を味わうことができます。

さらに珍しかったのが、畳敷きのお風呂であること。私は今回初めて体験しました。

gero3.jpg   gero4.jpg

gero5.jpg
郷土料理の一つである朴葉味噌で食べる飛騨牛ステーキやお刺身なども満喫し、貸しきり状態のバラ風呂に3回も入って、大満足でした。

旅館のスタッフの方々は皆とても気さくで親切で、温泉で体が温まり、旅館の方々のおかげで心が温まる、そんな素敵な温泉旅行になりました。



留学先で知り合い、友だちになるのは外国人だけではありません。留学したからこそ知り合える日本人の友だちもたくさんいます。歳が離れていたり、出身地がさまざまだったり、日本にいては知り合うことがなかっただろう人たちに出会い日本に帰国した後も交流があります。

留学して得たたくさんの財産の中の一つであるその出会い、これからもずっと大切にしていきたいと思います。

カテゴリ:
スタッフの日常