留学生&WISHスタッフブログ

就職・転職に役立つ留学

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの佐藤です。

最近、大学を休学して留学をされる学生さんや、仕事を辞めて留学をする社会人の方からの問合せを多くいただきます。留学にはさまざまな目的がありますが、帰国後の就職や転職に活かすために留学をする、という方が増えてきているのを感じます。

そこで、私から、そんな留学を考えている皆さんにお勧めの「英語教師育成コース」をご紹介します。

英語教師育成コースは、英語を母国語としない人たちに英語を教えるための教授法を学ぶコースです。「英語が話せないのに教えるなんて無理!」と思わないでください「英語を話すこと」と「英語を教えること」は違います。英語が話せる人が必ずしも英語を教えることができるわけではありません。なので、教えることに興味がある人はぜひ挑戦して欲しいです。


英語教師育成コースは教える生徒の対象が、子どもか、大人も含むかによって、2種類に分かれます。


子どもを対象とする教師育成コースには、学校によってコース名は異なりますが「TECSOL」「TEFL」「J-SHINE資格取得コース」があります。「J-SHINE資格取得コース」は日本の小学校で英語指導者として活躍することができる民間資格です(教員免許不要)。

授業は、自分でレッスンの内容を決めて教材を作成し、オリジナルのレッスンを作っていくという実践的な内容です。コースによっては、現地の学校への訪問もカリキュラムとして含んでいるので、おもしろいですよ!

児童英語.jpg   現地学校訪問.jpg


年齢制限なく、小学生から大人に教えたい
という方は、「TESOL」を受講します。対象に大人も含むため、学ぶ内容もさらに専門的になります。

TESOLは資格ではなく、教授法を学ぶためのコースなので、学んだことを形に残して帰国したいという方は「TKTテスト」を受けることをお勧めします。TKTテストはケンブリッジ大学試験部門が行なっている試験で、英語を教える能力を測る試験です。合否判定ではなく、3分野毎に4段階で結果が出て、受験した人は写真のような結果表を貰うことができるので、TESOLのコースを終了した後に、自分がどれだけ知識を身に付けられたかを客観的に見ることができて、お勧めです。

ブログ画像3.jpg    TKT成績表.jpg 

今年、転職や就職のために留学をしようとお考えの皆さん、ぜひ留学先でこの英語教師育成コースを受けてみてはいかがですか?

また、3/13(日)にWISHの東京オフィスで行なう「留学相談会」には、TESOLやTECSOL、TKTテスト対策コースを持つ学校のスタッフが参加します!これを読んで、興味を持たれた方、参加は無料なので、ぜひご来場いただき、直接学校スタッフに相談してみてください!!
カテゴリ:
語学学校