留学生&WISHスタッフブログ

アメリカの名門ハーバード大学の授業

こんにちは。東京オフィス留学カウンセラーの上原です。

突然ですが、皆さんはあのアメリカの超名門ハーバード大学
最も人気のある授業をご存知ですか?
今、とても話題になっているので、すでにご存知の方も多いかと思いますが、
答えはマイケル・サンデル教授の「JUSTICE(正義)」という授業です。

私がこの教授の授業に関して知ったのはつい先日、夜中にテレビを見ている時でした。
何気なくチャンネルを変えていたところ、
NHKでやっていたこの教授の授業の模様が飛び込んできたのです。

私が見たその授業は、ハーバード大学で行われているものではなく、
東京大学にサンデル教授を招いた際の特別授業だったのですが、
夜中の1時過ぎにも関わらず、テレビにかじりついて見てしまいました。
人気の理由が、見始めて数分で分かりました。本当に、おもしろい!!
授業の内容は、文字通り「正義とは何か。正しい行いとは何か」を考えるものなのですが、
サンデル教授の学生への質問の投げかけ方が、これまた絶妙!
「正義」という難しいテーマなのですが、具体的に考えやすい例を挙げて、
「君ならどう考える?」「この意見に反対意見がある人は?」と、
学生に考えさせ、意見を「引き出す」のです。

マイクがないと声が届かないような大講堂で、サンデル教授の導きの下、
たくさんの学生が意見を出し合い、テーマについて考えていく。
まるで、オーケストラや何かのショーを見ているような気分にさえなりました。
学生一人一人が個々でしっかりした考えを持っていないことには、成立しない授業。
どの考えが正しくて、どの考えが間違っていると白黒をつけるための授業ではなく、
「もっとよりよい考えがあるのではないか」を考える授業。
知識を授けるだけではなく、考えさせる授業。

日本の大学で、あまりこのような授業を受ける機会がなかった私には、
とても刺激的なものでした。
また、驚いたのが、日本の学生(留学生もいましたが)の発言力と英語力!
サンデル教授はもちろん英語で授業を進めていました。
教授も含め、学生の皆さんは翻訳機のようなものを使っているようでしたが、
中には教授の問いかけに英語で答える学生も多くいました。
justice.jpg
放送が終わったのは夜中2時半頃。
「勉強も英語も学生の皆に負けてられない!!」と興奮しながら床につきました。
翌日はさっそくその影響をもろに受け、教授の著書「これからの『正義』の話をしよう」をしっかり購入しました(笑)

サンデル教授の授業に興味が出てきた方、アメリカの大学への留学を希望している方はぜひこの番組を見てみるといいと思います。 
副音声で見てみると、英語の勉強にもいいと思いますよ。
今度の日曜日(21日)にも放送があるそうです。
あっ!21日はWISHの東京本社の留学相談会の日!
放送はぜひ録画して見てくださいね。

カテゴリ:
大学・カレッジ・高校留学