留学生&WISHスタッフブログ

タイでのカルチャーショック

プール.jpgこんにちは!
東京オフィス留学カウンセラーの菊地です。

先日夏休みをもらい、タイに行ってきました。
9月でしたが、東京もとても暑い毎日だったので、
南国のタイがすごく暑いという印象は無かったです。

雨季のシーズンでも比較的晴れやすいということで、
渡航先はリゾートのサムイ島バンコクというプラン。

タイは以前、バスと電車を使ってバックパックで1周旅行をしたことがあったので、
なんとなく雰囲気は分かっていたのですが、そのときの旅行とは打って変わって、
今回の旅行はホテルもグレードアップ!!
リッチなホテルに泊まったおかげで接客の良さを感じ、
今年前半の疲れを癒してもらいました。

人の温かさも、観光客への親切心も感じ、楽園気分を満喫。
食べ物も辛いメニューをヒーヒー言いながらおいしく頂いてきました。

料理.jpgさて、ここからが今日のブログの本題!
バンコクでのカルチャーショックのお話しです。

前回の旅行では、バンコクで、トゥクトゥクでいろんなお寺を廻り、
最終的にシルクを売りつけられるという詐欺師にあいました。

さて今回はというと・・・やはり遭遇してしまいました!!

トゥクトゥクのおじさんに「買い物行かない?」と誘われたのですが、
「買い物ではなく、ワット・ポー(有名なお寺)を見に行きたい」と言うと、
「営業時間がもう終わりだよ」とのこと。

持っていたガイドブックでまだ営業時間中だということは分かっていたので、
取り合えず向かってくれと交渉して乗せてもらいました。

最初は1時間程度かかると言われていたのに、30分程度で到着。
そこでおじさんはジェスチャーで降りろとアピール。

10年前に来た時とイメージが違うし、観光客もほとんどいません。

おかしいと思いながら歩いていると、英語で「今日はラッキーな日だよ」と声をかけられ、
「ここはワット・ポーではないが、年に1度のフェスティバルが行われる。
観光もできるし、シーフードも食べ放題。トゥクトゥクもタダ。政府認可なので安心」
と言われました。

トゥクトゥク.jpg聞いた瞬間、詐欺だと気づきましたが、
すでにトゥクトゥクのおじさんは
もうどこかに行ってしまっています。

「乗り捨て」ならぬ「乗せ捨て」ではないですか!!

詐欺のテクニックが10年前よりアップしているのに
カルチャーショックを受けました・・・。

私は、慣れない土地でのトラブルはつきものと思って
どちらかと言うとトラブルを探して旅行している感じもしますが(笑)
皆さんは気をつけてくださいね。
カテゴリ:
アジア情報