アイルランドの語学学校

アイルランド

アイルランド

センター・オブ・イングリッシュ・スタディーズ(CES) ダブリン校 Centre of English Studies, Dublin

アイルランド ⁄ ダブリン

  • 私立
  • 日本人スタッフ
  • WISHサポートオフィスによる電話サポート
このページを印刷する

35年以上の歴史を誇る国際色豊かでフレンドリーな語学学校

おすすめPOINT

●ダブリン中心地に立地
●親しみやすいスタッフによる細やかなサポート
●アクティビティが豊富
●イギリスにある校舎と2か国で学べるマルチデスティネーションコースあり
●優秀な学校として多々受賞歴あり
●オンラインでの無料教材を提供

  •  

  •  

  •  

基本情報

住所 31 Dame Street, Dublin 2, Ireland
学生数(年間平均) 300人
国籍割合(年間平均)
日本人留学生の割合:年間平均3%、ただし一番多い7・8月は5%(2016年度情報)
アクティビティ 頻度(平均) 7回/週
滞在方法 ホームステイ  民間寮 

開講コース

一般英語 ⁄  ビジネス英語 ⁄  IELTS試験対策 ⁄  ケンブリッジ試験対策 ⁄  個人レッスン ⁄  英語教授法 ⁄ 

一般英語のレベル数
(初級から上級まで最大)
一般英語の1クラス人数(平均) 受け入れ最低年齢(一般コース)
※ジュニアコースがある場合は別途設定あり
7段階 10〜12人 16歳

利用可能な施設・設備

図書室 自習室 コンピュータールーム
リスニングラボ 学生ラウンジ カフェテリア
持参したノートパソコンのネットワーク接続
○(無料)

この学校の留学体験レポート

留学体験レポート:井山文枝さん

活気とパブがあふれる、フレンドリーな国アイルランド

井山文枝さん

留学時の年齢22留学時期2012年2月

「アイルランド」にどのようなイメージをお持ちですか?
それってどこ?北欧?イメージすらない、という方も多いと思います。

アイルランドの私の個人的な感想は、「活気とパブがあふれる、フレンドリーな国」です。

イギリスの隣、ギネスの本場という有利な条件から、ヨーロッパのあちこちからいろいろな人が集まっていて、「ここはフランスか?」と勘違いしてしまうくらい、フランス語に囲まれることもあります。
留学に行って世界各国に友だちを作りたい、という人にはぴったりの場所だと思います。私は、フランス、ドイツ、イタリア、スイス、スペイン、ベルギー、サウジアラビア、韓国の友だちができました。

食事はとてもおいしかったです。ホストファミリーは料理がとても上手でした。また留学生の受け入れにも慣れていて、日本人は私で4人目でした。

学校の周りにはおしゃれなカフェがたくさんありました。日本より少し高いくらい、もしくは都内のレストランと同じくらいの値段(10~14ユーロくらい)で、かなりおいしいものが食べられます。

学校にいる先生のレベルが総じて高いなと感じました。ほとんどの先生が大学院を出ていましたし、さまざまな経験をしているので、話していておもしろかったです。
また、学生をよく見ているなとも感じました。学生は、やはりヨーロッパ人が多く、でもアジア人などいろいろな人がいて、とても楽しいです。

授業もとても楽しかったです。日本人は文法が得意だと思っていると思いますし、文法自体は難しくはないのですが、英語の文法を英語で説明するのはとても難しかったですし、いい勉強になりました。
スタッフの人たちもとてもフレンドリーで、授業はもちろん、アクティビティなどにも満足度の高い学校でした。

あとは、アイルランドと言えばパブ!お酒の力で友だちがたくさんできます。一部のパブは21歳以上しか入れないところもあります。21歳以上でお酒が好きな人、アイルランドはあなたにとって最適な留学先です!!

もっとこの学校の体験レポートを見る

留学中は私たちがサポートします!
WISHサポートオフィスによる電話サポート

WISHロンドンオフィス

勉強以外の楽しみがたくさんあるのがイギリス。サポートオフィスではもちろんしっかりサポートしますが、いつまでもそれに依存してばかりでは、せっかくの留学が台無し。イギリスは個を大切にするヨーロッパの国なので、「何でも自分でやる!」という心構えも大事です。留学を通して、英語だけでなく、精神的にも成長していただければと思っています。

サポートオフィスの詳しい情報を見る

気になる費用をお見積り依頼

語学学校ガイド