留学体験レポート

留学を通して、様々な人と知り合えたり、たくさんの新しい体験をすることができました

A・Mさん 留学時の年齢:20歳

オーストラリア

スインバン大学
オーストラリア / メルボルン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2020年02月
留学期間
6週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
留学を通して、様々な人と知り合えたり、たくさんの新しい体験をすることができました
週末はビーチで遊んだり、ショッピングをしたり、動物園に行ったりして楽しみました

週末はビーチで遊んだり、ショッピングをしたり、動物園に行ったりして楽しみました

現地の習慣や文化で戸惑った事と言えば、洗濯を週1回しか行わないこと、朝風呂など。
電車やバス、トラムで、次に止まる駅名の表示がなかったり、何も案内がない場合が何度もあり、google mapで自分の位置を確かめながら乗り降りしていました。
週末はホストファミリーや友だちとレストランやカフェで食事をしたり、ビーチで遊んだり、ショッピングをしたり、動物園に行ったりして楽しみました。汗ふきシート(夜、お風呂に入れなかったときに、寝る前に体を拭いたりできたので便利)、自分の部屋用のスリッパは日本から持参して行ったもので、現地で役立ちました。
このプログラムのおかげで、私は現地の学生と交友関係を築くことができました

このプログラムのおかげで、私は現地の学生と交友関係を築くことができました

私は、この留学で一番の目標としていたことは、外国人の友だちを作ることでした。私が通っていたスインバン大学には、Buddyプログラムという、この学校独自のプログラムがありました。このプログラムでは、実際にスインバン大学に通っている現地の学生と放課後や休日を使って、一緒に出かけたり、遊んだりします。私はこのプログラムに申し込み、Buddyと色んな所に出かけました。このプログラムは2週間と決まっていましたが、プログラムの期間が過ぎても個人的に会って遊んだりしました。このプログラムのおかげで、私は現地の学生と交友関係を築くことができました。
初めは、想像以上に英語が話せなくて落ち込むこともありました

初めは、想像以上に英語が話せなくて落ち込むこともありました

初めは、想像以上に英語が話せなくて落ち込むこともありました。ホストファミリーとうまく意思疎通ができなかったことも何度もありました。けれど、学校や現地でできた外国人の友だちと、とにかく英語をたくさん話すことをしているうちに、徐々に英語に慣れていくことができました。
放課後や休日には、クラスメイトや友だちとシティやビーチへ行って、毎日どこかしらに出かけていました。この留学を通して、様々な人と知り合えたり、たくさんの新しい体験をすることができました。本当に楽しかったです。

留学体験レポート