留学体験レポート

この留学をきっかけに英語がより好きになり、もっと英語で話せるようになりたいと思いました

K・Cさん 留学時の年齢:19歳

カナダ

スプロット・ショウ・ランゲージ・カレッジ
カナダ / ビクトリア
留学の種類 プチ留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
20/02
留学期間
2週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
今回初めての海外で不安でしたが、スタッフの皆さんのおかげで不安を軽減してから出発することができました。

今回初めての海外で不安でしたが、スタッフの皆さんのおかげで不安を軽減してから出発することができました。

今回初めての海外で不安でしたが、担当カウンセラーの方や出発前の英会話教室の先生方のおかげで不安を軽減してから出発することができました。現地に到着してからも、現地サポートオフィスの方が留学中の生活についてとても詳しく説明してくださったので、安心して現地での生活をスタートすることができました。ホストファミリーの家に着いた際も、サポートオフィスの方が一緒に家のルールを確認してくださったので、ホームステイ先での生活もよりスムーズに始めることができました。
学校の登校初日はレベル分けテストでした。同じ日に入学する人があと2人いて、同じテストを受けたのでその日のうちに仲良くなることができました。韓国人の方でしたが、思い切って自分から話しかけてみてよかったです。その日は学校が午前中で終わったので、州議事堂などに一人で観光に行きました。海外で一人で歩くのは危険かと不安に思っていましたが、ビクトリアはとても治安が良く、一人で歩いていても怖くありませんでした。
ホストファミリーとも仲良くなれたので、家に帰るのが毎日楽しみでした

ホストファミリーとも仲良くなれたので、家に帰るのが毎日楽しみでした

ホストファミリーはとてもやさしく、英語でうまくコミュニケーションがとれない私のことを一生懸命理解しようとしてくれました。毎日夕食の支度を手伝うこともとても良い英語の勉強になりました。ホストファミリーとも仲良くなれたので、家に帰るのが毎日楽しみでした。夕食を食べ終わると、残った夕食をお弁当箱に詰めて次の日のお昼にしていいと言ってくれたので、とても助かりました。毎日、食後にホストファザーと娘さんと犬の散歩に行ったり、家族みんなで映画やドラマを見たりしたのもとても良い思い出です。
週末には学校の友人やホストファミリーと観光に行くことができてとても楽しかったです。現地で日本人と会話をするときも英語で会話をするようにしたことで、2週間でも多くのことを学ぶことができたと思います。1週目はなかなか放課後の15時以降に出かけられませんでしたが、2週目は買い物に行ったり、博物館に行ったりすることができました。
2週間はあっという間でしたが、積極性を忘れずに生活したことで多くのことを学ぶことができたと思います。この留学をきっかけに英語がより好きになり、もっと英語で話せるようになりたいと思いました。今回の留学を支えてくださったすべての方への感謝の気持ちを忘れずにこれからも英語の勉強を頑張りたいです。

留学体験レポート