留学体験レポート

全ての出来事が自分の勉強に

I.Tさん

オーストラリア

アビリティ・イングリッシュ メルボルン校
オーストラリア / メルボルン
留学の種類 語学研修プログラム

留学時期
2019年2月
留学期間
3週間
担当オフィス/カウンセラー

素晴らしい仲間と出会えたことが、留学して良かったと思う最も大きな要因

まず総合的には、非常に充実した楽しい3週間を過ごすことができ、とても満足している。かなり短い期間であったため、帰国時にはもっと長く滞在していたい。という気持ちがとても強かった。一人で海外へ行くこと自体が初めてのことだったので、本当に貴重な経験になった。
私が最も心に残っていることは、クラスメイトとの関わりである。本当に幸運なことに、とても真面目かつ積極的で、友達思いの非常にバランスの良いクラスで、さらに担任の先生も親切ながら一つ一つのトピックについて質の高い学びを提供してくれた。そのため、放課後も一緒にいることが多く、本当にたくさんのことを話し、出会ったばかりとは思えないほど仲を深めることができた。彼らと出会えたことが、留学をしてよかったと思える最も大きな要因である。

人として成長できたように感じている

また、クラスメイト以外にも多くの友人ができた。放課後になると、たくさんのAbilityの学生がAsian Beer Barに集まり、会話とビールで楽しんでいた。入学2日目から何度も行く機会があり、自然に友達の輪が広がっていった。日本では考えられないようなこと、出来ないことにどんどん手を出し、足を踏み出してみることに、どんどん景色が広がっていた。精神的な面において、人として成長できたように感じている。
私が不安に思っていたことの多くは、行き帰りの飛行機や現地での移動など、交通に関することがほとんどであった。しかし、これらの多くはインターネットにほとんど記されていたし、現地ではマップやPtvというアプリも活用した。また、時間に余裕がある時に、とにかく色々な場所へトラムで行ったり、歩いたりすることで、利用の方法と街のつくりを把握できた。

ワクワクした毎日を過ごすことができた

ただ一つ後悔しているのは、観光地や有名スポットについて全く調べずに行ってしまったので、気付かず通り過ぎたり、見つけられなかったりした。その分、もう一回行きたい、という気持ちが強く残っている。その他の英語コミュニケーションやホームステイ先についても、幸い困ることはほとんどなく、慣れれば本当に住みやすいし街だと感じた。全ての出来事が新たな体験として自分の勉強になることしかないので、ワクワクした毎日を過ごすことができた。

留学体験レポート