留学体験レポート

テニスの聖地、ウィンブルドンでの経験

水谷 有里さん 留学時の年齢:21歳

イギリス

センター・オブ・イングリッシュ・スタディーズ
イギリス / ウィンブルドン
留学の種類 語学研修プログラム / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2017年7月
留学期間
6週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
テニスの聖地、ウィンブルドンでの経験

学校やホームステイ先にはとても恵まれていたと思います

私は6週間イギリスのウィンブルドンに滞在しました。ウィンブルドンにしたきっかけはテニスの4大大会であるウィンブルドンチャンピオンシップを見るため、そして大好きなテニスを留学中にもしたかったからです。ウィンブルドンにはみんなテニスをしに留学をしに来るという勝手な先入観がありましたが、大誤算でした。ほとんどの留学生がテニスをするために行こうとすると少しがっかり思うことがあるかもしれません。しかし、学校やホームステイ先にはとても恵まれていたと思います。学校は日本人がほとんどおらず、ずっと英語を話すという環境におかれるのでとても勉強になったと思います。
ベルギーなど国外にも行きました

ベルギーなど国外にも行きました

授業においてはディスカッションなども多くみんなペラペラ話している中、私だけあまり話すことができず、落ち込んだ日もありましたが、なんとか最後までついていけたと思います。改めて私を含め日本人は発音、単語力、リスニング力、スピーキング力が劣っていると感じたので、日本に帰ってからもその練習はしていきたいと思います。

ホームステイ先では自由に過ごすことができて、土日なども外出し、満喫していました。土日は学校でできた友だちとロンドン市内におでかけに行ったり、遠出をしたり、ベルギーなど国外に行ったりもしました。

楽しく充実した6週間を過ごすことができました

日本と違うところもたくさんありました。まず、物価が高いことです。なので、お金の管理などは気をつけてやるべきだと思います。(交通費が特に高いです。)次に、交通ルールについてです。歩行者の信号が短くて赤信号でも平気で渡っていたので、驚きました。また、電車が時間通りに来ないため、時刻欄にはexpectedという部分がありました。ホームシックになることもなく楽しく充実した6週間を過ごすことができました。WISHさんにはとても感謝しています。ありがとうございました。

留学体験レポート