留学体験レポート

自分の人生の経験の中で大切なものとなったセブ留学

井出 智広さん 留学時の年齢:19歳

アジア

CG
アジア / セブ
留学の種類 プチ留学 / 滞在方法 寮

留学時期
2017年2月
留学期間
4週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
自分の人生の経験の中で大切なものとなったセブ留学

英語を使うことが楽しくなっていきました

初めて1人での海外ということで、行く前はとても不安がありました。その不安を解消してくれたのがオフィスの方のお話です。細かいことまで相談に乗っていただいたおかげで1人で海外に行くことの不安は少なくなりました。現地では入校の日が一緒だった日本人、韓国人とまず仲良くなり、週末は主に彼らと旅行をしたり、買物をしたりしました。1日10時間以上取り組んだ英語の学習もあっという間に時間が過ぎました。

1週目は先生やクラスメートが言っていることはなんとか聞き取れましたが、自分の言いたいことが全く言葉にできませんでした。そこで、他の友だちやクラスメートが使っている表現をマネして使ったりしました。すると、2週目、3週目には少しずつ自分が伝えたいことをゆっくりではありましたが、伝えられるようになり、英語を使うことがどんどん楽しくなっていきました。

そして4週目に1番感じたことは単語と発音の大切さです。高校まで教わった単語で何とかコミュニケーションが成り立ちます。しかし、ディスカッションや少し複雑な表現をしたとき、すぐに言葉にできる単語が見つからず、他人の表現を参考にするのも限度があると感じました。また、日本人は「R」と「L」の発音が苦手ということは良く言われますが、もっと気を付けるべき発音はたくさんあると感じました。
スキルの上達も感じています

スキルの上達も感じています

初めは1カ月の留学は充分長い留学だと思っていましたが、終わってみればあっという間です。また、2カ月、3カ月という人もたくさんいたし、日本人に限らず韓国、台湾、ベトナムの友だちもできて、もっとCGで勉強したいと思いました。あっという間ではありましたが、スキルの上達も感じます。また、今回の留学が「もっと英語力を向上させたい」というモチベーションにもなっていて、帰って来てからは英語の音楽や映画、CGで学んだことの復習などをしています。帰って来てからもSNSで連絡を取り合うフィリピンの先生、日本、他国の友だちがたくさんいます。短い期間の留学でしたが間違いなく、自分の人生の経験の中で大切なものとなりました。もっともっと英語を勉強したい、世界を知りたいと思いました。

留学体験レポート