留学体験レポート

怖がらずにまず行動してみることが大切だということを学んだケアンズ留学

星野 莉那さん 留学時の年齢:20歳

オーストラリア

CCEB
オーストラリア / ケアンズ
留学の種類 プチ留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2017年3月
留学期間
3週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
怖がらずにまず行動してみることが大切だということを学んだケアンズ留学

毎日が充実していて、貴重な経験となりました

ケアンズでの語学留学は毎日が充実していて、私にとって貴重な経験となりました。語学学校では英語を話すことが徹底されていたため、さまざまな国の人とも英語で会話することができました。友だちもたくさん作ることができ、国籍の壁をあまり感じませんでした。自分の英語が通じたときや話が途切れなかったときに英語を話してそれが伝わるという感動を味わうことができました。
ホストファミリーもとても温かく、その日にあったことを私が話すのを聞いてくれました。ケアンズに来る前は学校で他国の生徒と仲良くやっていけるのか、ホストファミリーときちんと生活できるのかと不安でしたが、自分から怖がらずに話しかけることで、自然と壁は消え、楽しく生活することができました。
積極的に外に出るべきだと感じました

積極的に外に出るべきだと感じました

私は週末にツアーなどに参加しましたが、ツアーを通してその土地の特色を知ることができ、息抜きにもなったのでとても良いと思いました。そのことが友だちと話すときの話題にも繋がるので、学校が無い日は積極的に外に出るべきだと感じました。ダイビングライセンスプログラムでは、4日間の講習を受けてライセンスを取ることができました。今までダイビングをしたことがなく、初めてのダイビングをグレートバリアリーフですることができてとても素晴らしい体験ができました。

話してみる、参加してみることが留学の成功に繋がる

留学を通して感じたことは、まず怖がらずに行動してみることが大切だということです。まず話してみる、参加してみることが留学の成功に繋がるのだと思います。

留学体験レポート