留学体験レポート

セビージャという街はとても過ごしやすいところです。

小澤 槙人さん 留学時の年齢:23歳

スペイン

クリック インターナショナル・ハウス
スペイン / セビージャ
留学の種類 スペイン語留学+インターンシップ / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2016年9月16日
留学期間
6ヵ月
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 峰岸勝
セビージャという街はとても過ごしやすいところです。
いい意味で気を楽にして生活できるかなと思います。

いい意味で気を楽にして生活できるかなと思います。

僕の勉強していた語学学校clicは、スペイン語だけでなく英語やフランス語など、他の言語を扱う語学専門の学校です。
6か月間の留学生活をその学校の生徒として過ごすなかで、半分をスペイン語クラスで、もう半分を現地のホテルでインターン生として過ごしました。
まずはスペイン語クラスですが、授業はとても質の高いものだなという印象を受けました。
授業はレベル別に分けられ少人数で行われ、会話中心の授業と文法を重視したものとに分かれています。
授業の内容も教科書を扱うだけではなく、僕の授業ではラジオの広告や新聞のニュースをクラスメイトと考えて作ったりとおもしろいものもありました
このように授業ではかなり濃い時間を過ごすので、クラスメイトとは本当に仲良くなりましたね。
また、生徒の大多数が欧米系の生徒なのですが、例えば教科書で扱うトピックに日本の話題があったり、日本人を対象にした補講を設けてくれたりと、日本人の生徒にもしっかり向き合ってくれる学校です。
学校は基本的に午前中で終わりですが、希望があれば午後のクラスもとることができます。
DELEというスペイン語の検定を受けるということもあって僕も対策授業を2週間受講しましたが、過去の問題を使いながらかなりレベルの高い授業で大変ながらもみっちり勉強できました。
こういった追加の授業の希望や午前中の授業のレベルの変更などはかなり柔軟にやっていただきました。
オフィスの方たちは生徒の意見をかなり親身になって聞いてくださるので、安心して授業に取り組めると思います。

また、インターンプログラムもclicを通じてセビージャ市内の勤務地を紹介してもらいます。
スペイン語の上達を目的に参加しましたが、スペインの人たちと一緒に働くということ自体がいろいろと勉強になりました。
語学学校と提携してるだけあって、一緒に働く人たちもかなり留学生に気を配ってくださっているなという風に感じました。

コース以外の話をすると、この学校はアクティビティがかなり充実しています。
毎週平日にはセビージャ観光や映画鑑賞、フットサル、また休日にはコルドバやグラナダなど近郊の都市に遠足に行ったりと、ほぼ毎日何かしらのプログラムが組まれています。
僕も何回か参加しましたが、特にグラナダ旅行のプログラムに参加したときは学校のアクティビティを主催してくれる先生が事細かに「ゆっくり」スペイン語で説明してくれたのでありがたかったですね笑

校舎も解放感のある校舎で、屋上には広いテラスがあったり小さなプールまであって最初はびっくりしました。

学校以外では、いろいろな行事に参加することが多かったです。
マンガを扱ったイベントや、現地の日本語学校の生徒さんとの交流会、熊本の地震復興のチャリティイベントなど、日本に関連する行事に足を運びました。
ここに来る前までは、こういったイベントはマドリードやバルセロナなどの大都市と呼ばれるところだけなのかと思っていたので少し意外でしたが、そこで知り合ったスペインの人たちとはかなり仲良くなってよくご飯を食べに行き、お互いに言葉を教えあったりしながら会話するのは楽しかったですね。

また僕はホームステイをしていたのですが、同じ家に住むほかの国の留学生からその国の言葉を教えてもらったり、特に仲が良かったルームメイトにはやったこともなかったギターを教えてもらったりして過ごしてました。
ホストマザーも本当にいい方で、大晦日はホストマザーの実家に招待してもらい親戚のみんなと一緒に新年を迎え、スペインの文化を体験することができました。
最後に、セビージャという街はとても過ごしやすいところです。
例えば基本的に中心地は徒歩で回れますし、都市と言われながらも高い建物が立ち並んでいるというわけでもなく、狭い小道もアンダルシアの空気を感じさせ、サッカーチームもあり、なにより天気がいいのが僕にとっては最高でした。
セビージャはフレンドリーな人たちがほとんどなので、ここはいい意味で気を楽にして生活できるかなと思います。
  • セビージャという街はとても過ごしやすいところです。
  • セビージャという街はとても過ごしやすいところです。
  • セビージャという街はとても過ごしやすいところです。

留学体験レポート