留学体験レポート

アデレードでの留学経験

鈴木 真美さん 留学時の年齢:21歳

オーストラリア

カプラン インターナショナル カレッジ アデレード校
オーストラリア / アデレード
留学の種類 語学研修プログラム / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2014年8月~2015年4月
留学期間
8ヶ月間
担当オフィス/カウンセラー
名古屋オフィス 山形英正
アデレードでの留学経験
良い雰囲気で生活で来た

良い雰囲気で生活で来た

アデレードに約8か月間住んで、様々な経験をし、様々な物、事、人に出会い、自分自信成長することができました。まず、何よりも自然の豊かな街で生活することにより、自分に対してどれだけ自然が大切かを知ることができました。朝起きた時にカーテンを開けると、建物に遮られることなく青い空を見ることができ、清々しい空気を吸うことができました。バス停でバスを待っている時も、市内に出た時も、日本で感じるようなセカセカした雰囲気や、密集した環境はなく、非常に落ち着いた生活を楽しむことができました。

海外での経験を通して大事なことがわかった

語学学校では、様々な国の人々と交流することができ、外国から見た日本、または日本人について気が付きました。また、外国の方と交流がなければ気付かない、固定観念も知りました。、さらには様々な言語を少しずつ教えてもらったりと、英語以外のところで学ぶことも多くありました。もちろん、良くない事もありました。お金をだまされたり(5ドル)、お酒に酔った人に襲われたり(もちろん逃げました。)、友達とも喧嘩したり、終バス逃したり…(終電は逃しませんでした。)今では、どれも1つの経験としてみることができています。国を跨いでも、人種、文化、言葉が違っても、喜びや悲しみ、幸せや怒りは万人に共通することだと思います。日本人にはあまり馴染みのない文化ではありますが、自分の感情や、自分自身を積極的に表現することが、海外で生活するにあたって一番大事なことだと思いました。最初のホストが知り合いとはいえ、もちろん渡豪前に不安はありました。でも、最初だけです。向こうに着いてしまえばワクワクの気持ちの方がはるかに大きくなっていました。8か月というロングステイで、アデレードは私の第2の家の様になりました。アデレードを発つ時も、帰国して今もなおアデレードの環境・友達・雰囲気全てが恋しいです。本当に大好きな大好きな街です。

留学体験レポート