留学体験レポート

地元の方とのふれあいで大切なことを学べた!

H.Cさん 留学時の年齢:21歳

カナダ

インターナショナル・ランゲージ・アカデミー・オブ・カナダ バンクーバー校
カナダ / バンクーバー
留学の種類 英語研修+ホームステイ / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2015年8月
留学期間
2週間
担当オフィス/カウンセラー
名古屋オフィス
地元の方とのふれあいで大切なことを学べた!

英語で気持ちを伝えたい

9月にカナダへ短期留学しました。2週間という短い間でしたが、学んだことはたくさんあります。まず、私は語学力を向上するためというよりも、学生の間に海外へ行きたいと思っていました。就職したら休みはとれないので、短期留学するならラストチャンスだと思い、WISHさんのプチ留学に参加することにしたのです。そんな安易な考えで行ったせいで苦労しました。まず、英語をしばらく勉強しておらず、英語が話せなくて困りました。親切にしてくださるホストファミリーには、「Thank you」「Yes」「No」の言葉しか言えず、感謝の気持ちを伝えられなくて本当に申し訳ないと毎日思っていました。ホストファミリーに話そうとしても発音や文法がおかしいせいで、「は?」という顔をされてしまうのです。また、私の通ったILACでは母国語禁止なので、ただでさえ人見知りの私は、英語で友達を作ることはできず、孤独だなと感じていました。他の国の人は同じクラスでも、とにかく喋りまくる人が多かったです。文法や発音は違っていても自信を持って話すので驚きました。これも文化の違いの1つですね。もしも英語が話せたら、友達がたくさんできてホストファミリーにも感謝の気持ちを伝えて、最高の留学になっただろうにと何度も考えました。

親切な女性との出会い

そして、カナダでの"出会い"についてお話しします。学校へ初めて行く日、私はバスに乗り、なんとか駅までたどり着きましたが、スカイトレインでどちらのホームへ行けば良いのかわからなくなりました。すると、すぐ後ろから「Can I help you?」と声を掛けてくださいました。50代の黒人系の女性でした。すると、「こっちに来て」と言われ、ホームへ行き、そこから、道を案内してくださいました。彼女の勤め先はウォーターフロント駅にあるようで、その1つ前の駅で降りる為、別の女性に私をILACまで案内するように頼んでくださって、私は迷わず、予定より早く着きました。もしも、その女性が道案内をしてくれなかったら、コマーシャル駅の複雑な乗り換えができずに迷い、学校に着くのが遅れていたのかもしれません。こんな親切な人に出会ったのは、生まれて初めてです。その女性とは、毎朝同じバスに乗っていたので、ほぼ毎日会って話しました。片言の英語を話す私の言うことを一生懸命聞いてくれたり、話しかけてくれたりしました。メールアドレスを教えて頂いたので、帰国してからも連絡を取り合っています。「親切心」は大切だなと改めて感じました。この出来事は、カナダに来て一番の思い出です。
短い留学でもたくさんのことを学んだ

短い留学でもたくさんのことを学んだ

2週間では語学力は向上しませんでした。同じクラスの日本人の女性は、働いたお金を使い留学していると言っていました。それを聞き、私も将来就職してお金を貯めて、1年間留学したいなと思いました。英語が話せたら色々な国の友達ができ、視野を広げられます。日本語しか話せなかったら一生日本に住むという選択肢しかありません。これから、英語を一生懸命勉強したいです。ウィッシュのサポートオフィスの方にはたくさんお世話になりました。たった2週間でも学んだことがそれに比べて多く、行けて良かったです。また留学するならWISHさんを選びたいです。長くなりました。ありがとうございました。

留学体験レポート