留学体験レポート

現地での生活は充実していて楽しかったです。

倉本 拓弥さん 留学時の年齢:21歳

アメリカ

EC ロサンゼルス校
アメリカ / ロサンゼルス
留学の種類  語学研修プログラム / 滞在方法 ホームスティ

現地での生活は充実していて楽しかったです。
ホストファミリーがとても温かく迎えてくれました。

ホストファミリーがとても温かく迎えてくれました。

ずっと前から留学したいと思っていたのでやっと夢がかなったという感じです。現地の第一印象は「とにかく広い!」という感じです。土地の面積も国土の違いから分かるように、日本と比べものにならない規模でした。

滞在したホストファミリーの方々は、とても温かく迎え入れてくれてすぐに打ち解けることができました。お父さんが画家ということもあり、家の中はアートに包まれていてとても可愛いらしい家だなと思いました。自分の部屋はとても広く、いい意味で戸惑いました。
ご飯は朝夕手作りで作ってくださり、メニューも豊富で毎日楽しみでした。自分も料理を手伝いみんなで楽しく作るという感じでした。いままで料理をしたことがなかった自分も料理の楽しさが分かってきて、フォストファミリーに日本食を作ってあげたりしました。現地でも日本食はポピュラーなため、とても喜んでくださいました。
いろいろな国の人と英語を学べたことは貴重でした。

いろいろな国の人と英語を学べたことは貴重でした。

学校生活に関しては、とにかくいろんな国の人々と友達になり、その中で英語を学んでいけたことはとても貴重で、自分にとって今後につながるいい経験になりました。
日本人はほかの国の人に比べると発言することが少ないと思われがちなので、自分は積極的に発言しようと常に思い勉強しました。発言することで自分の表現力が上がり、さらにそこから会話が弾みいい循環が生まれたのでよかったと思いました。

毎日、新たに習う表現、単語の復習、また次の日の予習が大変でしたが、その分得るものは大きかったです。先生も熱心で面白い人で、毎日の時間があっという間に過ぎていく感じでした。
帰国した今でもフェイスブックを使い連絡を取り合っているので、今後もずっと続く友人関係が築けたと本当にうれしく思います。

勇気を出して尋ねることで語学力が上がりました。

大変なこともありました。現地の空港に到着後あまりの入国者の多さで、2時間も足止めされ送迎の人々に迷惑をかけてしまったり、登下校のバスのスケジュールが判らず家に帰るのに1時間バス停で待っていたり、機内モード+WiFiのスマホで路が判らなくなったりでとまどうこともありましたが、勇気をだして現地の人に聞くと優しく教えてくれるので、無事にのりこえることができ、同時に語学力も上がった気がします。

1ヶ月は正直自分にとって物足りない感じがしました。でも、こう思えるのは何より現地での生活が充実していて楽しいからだと思います。いろいろな人に出会い、いろいろな場所に行き、そこで何かを学び体験することは何一つ無駄でなく、今まで日本でしか生活していない自分の視野を広めてくれました。
何より一番よかったのは、今まで日本の中で学んできた英語が海外でも通用したことです。このことは自分にとって一番の収穫で自信につながりました。絶対にまたロサンゼルスに行き、成長した自分をファミリーや友人に見せたいと思います。

留学体験レポート