留学体験レポート

楽しかったことは外国人と英語でコミニュケーションがとれることです。

木下 新吾さん 留学時の年齢:21歳

アジア

ユニバーシティ・オブ・サザン・フィリピン(南フィリピン大学ESLセンター)
アジア / セブ
留学の種類  プチ留学 / 滞在方法 寮

留学時期
1ヶ月
留学期間
2015年3月
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス
楽しかったことは外国人と英語でコミニュケーションがとれることです。

マンツーマンで話す機会が多く勉強になりました。

僕は初めての海外ということで出発前はとても不安がありました。現地の人とコミニュケーションがとれるのかと思ったり、生きて帰ってこれるのかと思ったりしていました。しかし、いざ現地へ行ってみるととても楽しい生活が待っていました。
僕が行った時期がちょうど春休みだったということもあり、たくさんの日本人が来ていました。ルームメイトが2週間早く来ていた日本人でしたので、セブでの生活や学校のことなどを親切に教えてくれました。

学校では、最初に受けるレベル分けテストで自分に合ったレベルで授業を受けさせてもらえることがとても良かったです。レベルを上げたければ、レベルアップテストがあるのでそれを受けてレベルを上げることもできます。マンツーマンなので、話す機会がとても多く、能率的にいい勉強になると思います。
日本で経験したことのないことをたくさん経験できました。

日本で経験したことのないことをたくさん経験できました。

学校以外では、平日はホテルの目の前にあるお店にお酒を飲みに行ったり、ショッピングモールであるアラヤモールなどに行ったりしました。
フィリピンにはビールの種類がたくさんあり、アップルやレモンといった美味しいビールやレッドホースなどのように少し強いビールなどがあり、その時の気分によってさまざまなお酒が飲めます。白ワインもとても美味しかったです。
週末にはビーチに行ったり、ツアーに参加したり、クラブで踊りまくったり、ホテルでゆっくりしたりととても楽しく過ごすことができました。ビーチではビーチバレーをしたり綺麗な海で泳いだりしました。ツアーでは洞窟などへ行ったりと、日本では味わったことのないことをフィリピンでたくさん経験することができ、とてもよかったし楽しかったです。
英語だけでなくいろいろなことが経験でき、最高の留学でした。

英語だけでなくいろいろなことが経験でき、最高の留学でした。

ホテルのロビーでは日本人だけでなく、韓国人や台湾人の人達もおり、ホテルでも英会話の練習が出来たし友達がたくさんできました。
料理面では最初は少し辛く口に合わなかったけれど、慣れてきて最終的にはお代わりをするまでになっていました。

フィリピンで最も楽しかったことは、他国の人と英語でコミニュケーションをとったり、日本人の将来の話をしたりしたことかなと思います。この留学を通して将来についての考え方も少し変わったし、もっとしっかり考えなければいけないと思った。海外へ行くことで、今までと少し考え方が変わったと思います。英語だけでなく、さまざまなことを経験することができて、とてもよかった最高の留学でした。

留学体験レポート