留学体験レポート

ワーホリ中に挑戦した一人旅で得たもの

能條 奏子さん 留学時の年齢:29歳

ニュージーランド

NZLC
ニュージーランド / オークランド
留学の種類 ワーキングホリデー / 滞在方法 ホームステイ

ワーホリ中に挑戦した一人旅で得たもの
バックパッカー中の出会い

バックパッカー中の出会い

ワーキングホリデー中、合計で約3ヶ月間、ニュージーランド中を旅行しました。
1人で旅行するのは、日本も含めて初めてで、それが外国。。。
自分の英語力には自信がなかったし、バッパー(バックパッカーズホステル)がどんなところなのかもよく分からなかったので不安で不安で、エクスチェンジ先を出る時は、寂しさよりも1人になる辛さで涙をこらえるのが大変でした。

始めの数日間は旅に慣れず、バッパーでも誰とも話せず、旅行を楽しめていませんでした。
そんな中、ティマルのバッパーで気さくなオーナーさんに出会いました。その人はブルーペンギンの保護活動を行っていて、夜、ペンギンを見に連れて行ってくれたのです。野生のブルーペンギンを近くで、しか無料でじっくり見ることができました。
次の日には昔、日本人と仕事をしていたというおじいちゃんと出会い、長い時間おしゃべりを楽しみました。
旅っていろんな出会いがあって、1人でも楽しいんだと気付き、それからはバッパーで自分から同じ部屋の人に話しかけることができるようになりました。それが英語の伸びにもつながったと思います。

それからしばらくして、私は泊まりのトレッキングに挑戦しようと思いました。でも、インバーカーギルに着いたとき、私はスチュワート島にトレッキングをしに行く決心ががつかずにいたので、とりあえず、i-siteに行ってトゥアタラを見ていたら、1人のバックパッカーに出会いました。彼女からスチュワート島の話を聞いた私は、その日の夕方にはスチュワート島にいたのです。彼女と話したのは、ほんの10分程度でしたが、私の心を大きく動かしてくれました。結果、最高の景色の中、初めての泊まりのトッレキングをすることができ、そこでまた新たな出会いがありました。また、その後もエイベルタズマンとトンガリロの2つのグレートウォークを歩くことができました。
アクティビティでニュージーランド各地に思い出がいっぱい!

アクティビティでニュージーランド各地に思い出がいっぱい!

旅を始めた頃は、お金をあまり使わないようにしていました。
でも、途中でシーズナルジョブ(季節限定のアルバイト)をして、お金を稼げたことと、ニュージーランドでしか体験できないことがいっぱいあると気付いたことで、行く場所、行く場所でいろんなアクティビティに挑戦しようという気持ちになりました。

それからは、どこでどんなことができるか考え、調べ、安くできないかサイトを見て、いろんな場所でいろんなことをやりました。それは、アクティビティの経験だけでなく、自分で予約をしたり、スタッフの人と話したりと英語力や度胸がつくことにもつながったと思います。
もちろん、アクティビティ自体がニュージーランドの大自然を活かしたものなので、自然の美しさ、偉大さ、神秘さなど満喫することができました。

今ではニュージーランドの各所に思い出がいっぱいです。

これから留学する方へのメッセージ

「何の為に自分は海外に行くという選択をしたのか」ということを自分の中にしっかり持っておくといいと思います。
それによって、何か生活の中で迷ったときにも自分に合った決断ができると思います。
いろんな心配や不安があったり、うまく行かなくて落ち込んだりしますが、少しの行動が新しい発見を生み、良い方向へ変えてくれます。勇気を持って、積極的に行動してみてください。

留学体験レポート