留学体験レポート

密度の濃い2週間

井上菜緒子さん 留学時の年齢:21歳

オーストラリア

アクセス・ランゲージ・センター
オーストラリア / シドニー
留学の種類 語学留学+インターンシップ / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2013年10月~11月
留学期間
2週間
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス 上出純子
密度の濃い2週間
不安なことは自分から積極的に聞くことで不安を解消

不安なことは自分から積極的に聞くことで不安を解消

夏休みが終わり、10月になった頃、残りの学生生活で何かしたいと思い立ち、プチ留学に行くことに決めました。

出発まで2週間しかないこと、初めての留学&ホームステイであること、インターンシップにも参加したいと考えていたことから、不安もたくさんありましたが、WISHの方からのお電話やお手紙でその不安は少しずつなくなっていきました。また、少しでも気になることは聞くように自分からも動いていました。


シドニーでは1週間の語学学校と1週間のチャイルドケアセンターでのインターンシップを経験しました。

私が通ったアクセス・ランゲージ・センターには日本語が話せるスタッフがいたので、シドニーに行ってからも不安なことを解消することができました。
セントラルという一番大きな駅から徒歩5分と、立地も良かったので、放課後はショッピングや観光を楽しむことができました。もちろん、学校のアクティビティも充実していました。
チャイルドケアセンターでのインターンシップ

チャイルドケアセンターでのインターンシップ

私が今回の留学で最も印象に残ったことは、チャイルドケアセンターでのインターンシップです。

2歳~6歳の子どもたちと一緒に1週間を過ごしました。小さい子どもたちとの生活はルールがあったり、子どもの英語は聞き取りにくかったり、意思疎通が難しかったりと大変なことはたくさんありました。でもそれ以上に楽しいことやうれしいことがありました。子どもが一所懸命話しかけてくれたり、一緒に工作をしたり、朝通勤すると寄って来てくれたり、私の名前を覚えて呼んでくれたり。
子どもたちの積極的な姿勢を見習って、私もこのインターンシップに対してどんどん積極的になり、自分で考えて動くことができるようになっていきました。

シドニーでの2週間の生活は、語学力だけでなく、仕事への姿勢や積極性など、多くのことを学ぶことができました。就職前のこの時期に参加し、たくさんの人に出会い、多くの経験をし、密度の濃い2週間をすごすことができて、本当に良かったと思います。

留学体験レポート