留学体験レポート

サンフランシスコは私の第2のホーム

S.Eさん 留学時の年齢:21歳

アメリカ

エンバシー・イングリッシュ サンフランシスコ校
アメリカ / サンフランシスコ
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ、シェアハウス

留学時期
2012年9月~2013年8月
留学期間
46週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 川村有芽
サンフランシスコは私の第2のホーム
あっという間に感じるほど充実した1年間

あっという間に感じるほど充実した1年間

事前に電話もせずに、いきなり初めてWISHのオフィスを訪れたのにもかかわらず、すぐに1対1でカウンセリングをしてくれ、出発まで同じ担当者が対応してくれました。また、留学準備講座や留学前の壮行会などの留学前のサポートが充実していて、それらのイベントに参加した際に、担当者の人がちゃんと自分のことを覚えていてくれたのもうれしかったです。


約1年間の留学生活を振り返ると、出発した日が昨日のことのようで、本当にあっという間だったなと感じています。それほどに私の留学生活は充実していて、ここに書ききれないほど多くの経験をすることができました。

特にダウンタウンにある古着屋さんとの出会いが私の留学生活でとても大きな出会いでした。
私と同じ学校に通っていた日本人の友だちの紹介で、古着屋さんのオーナーのマークと彼の友だちと仲良くなり、それがきっかけで私と私の日本人の友だちはマークのお店に毎日のように通うようになりました。週末には彼のお店でパーティーをしたり、ドライブやBBQに連れて行ってくれたり、ホームパーティーやバチェラーパーティー(男だけのはずですが…)、週1でランニングにも誘ってくれて、本当に一生の友情を得ることができました。マークと彼の友だちは、私が帰国後に約1カ月間、日本に遊びに来てくれて、一緒に箱根旅行にも行きました。もちろん今でも頻繁に連絡を取りあっていて、「今度サンフランシスコに来るときは、いつでもウチに来なよ!」と言ってくれます。

本当にサンフランシスコは私の第2のホームです。
アメリカで飲酒は21歳から

アメリカで飲酒は21歳から

金曜の夜はほぼ毎週「T.G.I.F!」と言いながら、学校の友だちや仲良くなったアメリカ人の友だちとバーに行ったり、とにかく皆で盛り上がるのが定番でした。アメリカでは、ゆったり座ってお酒を飲むというより、ダンスしてショットして盛り上がるのが基本なので、たまに日本の居酒屋がすごく恋しくなりました。

あとは頻繁に行われていたフェスティバルや無料のコンサートに友だちと行ったり、サンフランシスコにたくさんあるおいしいおしゃれなカフェやレストランを友だちとめぐったりもしました。1年いてもやることは尽きなかったです!!

アメリカでは飲酒できる年齢が21歳以上。アメリカに着いて最初の約3カ月間は私はまだ20歳だったため、バーやナイトクラブ、パーティーなどに誘われてもあまり行けませんでした。アメリカでは日本と違ってバーなどに入る前に必ずIDチェックがあります。21歳の誕生日を迎えた後、友だちとのバーホッピングやパーティーを存分に楽しみました!
英語力を伸ばすには、授業以外に自分の努力も必要

英語力を伸ばすには、授業以外に自分の努力も必要

私が通った語学学校エンバシーの校長のジョンは本当に良い人で、他のエンバシーではやっていないようなBBQなどのアクティビティがあったり、とにかく「生徒みんなは僕の家族だ」と言って、学校全体をすごくいい雰囲気にしてくれました。他の先生も、放課後にカフェでの勉強に付き合ってくれましたし、おもしろくて個性的な先生ばかりでした。

ただ、宿題はそんなにないし、授業だけ聞いていても英語力がぐんと伸びるとも限らない気がしました。やはり復習したり、ある程度の単語や文法は自分で勉強することが必要だと思いました。

日本からノートパソコンを持って行ったのですが、それがとても役に立ちました。出発前は持っていくかどうか悩みましたが、今思うとPC無しの生活は結構苦しいと思います。Facebookやスカイプもスマホより大画面の方がやっぱりいいですし、学校でもたまにエッセイやプレゼンテーションの宿題が出たので、その時にはやはり必需品でした。
あとは、暇なときに図書館でDVDを借りて、それを見るのにも使っていました。図書館はぜひ利用するべきです!

はっきりした目的がなくてもぜひぜひ挑戦するべき

WISHのサンフランシスコスタッフはアットホームで、気軽に話すことができました。やはりいるだけで安心だと思います。スタッフさんたちとも仲良くなりました。

留学は人それぞれで、英語の勉強をすることだけが留学ではないと思います。私の周りで留学に行ったことを後悔している人は1人もいません。つまり皆何かしらを得て、知らぬ間にそれが自分の人生の糧になるんだと思います!
だから、はっきりした目的がなくても「留学したい」と思ったらぜひぜひ挑戦するべきです!

留学体験レポート