留学体験レポート

皆仲間だと思えるいい思い出ができた

腰塚智子さん

オーストラリア

アクセス・ランゲージ・センター
オーストラリア / シドニー
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2013年8月~9月
留学期間
4週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
皆仲間だと思えるいい思い出ができた
修学旅行でのホームステイ体験が留学のきっかけ

修学旅行でのホームステイ体験が留学のきっかけ

オーストラリアは治安も良く、国民性も豊かだと聞いていたので、以前からオーストラリアに留学したいと思っていました。また、高校の時の先生がよくオーストラリアに行っている先生で、その様な素敵な体験をしたいと願って、その先生とオーストラリアへの憧れから、今回の留学を決めました。

出発前は六本木ヒルズで行われたWISHの留学フェアに参加したり、WISHのオフィスで行われたオリエンテーションや壮行会にも参加しました。さまざまなものに実際にふれることで、紙だけではわからない経験を積めたと思います。そして、心配なことは自分でネットで調べたり、周囲の方の体験談を聞いたり、WISHのスタッフさんに相談したりしました。
ホストファミリーのことは全てがいい思い出

ホストファミリーのことは全てがいい思い出

ママはいつも優しく私の話を聞いてくれました。私の英語に懲りずにいつも話しかけてくれました。料理も上手でした。パパも優しく、息子さんと娘さんは私のつたない英語を通訳してくれました。
息子さんが、ママが風邪をひいたときに「ママのために」とお寿司とチョコプディングを家族分作っていたのが印象的でした。とてもおいしかったです。
娘さんは私と一緒に遊んでくれて、家に到着したその日にお花をプレゼントしてくれました。「1カ月じゃなくて2カ月居て」「あなたの英語良いわよ」と言われた瞬間、私は完全にノックアウトされました。
習い事やお仕事に一生懸命な、素敵な家族でした。

ホストファミリーへのお土産に折り紙や紙風船を持って行って、それでも一緒に遊びました。また、茶道のセットを持って行って、娘さんにお抹茶のたて方を教えたり、お抹茶とお菓子をプレゼントしました。娘さんの学校でちょうど茶道のことが話題になったと言っていたので、そのセットを学校の先生にお見せしたり、お菓子を生徒さんたちにプレゼントしたりもしました。
友だちとの日々がいい思い出

友だちとの日々がいい思い出

授業は文法などはとても簡単でした。でも聞き取りと話すのがなかなかできず、その点は慣れも必要と思いながらも苦戦していました。

私のクラスは皆仲が良くて、授業中だけでなく、学校修了後にもクラスのメンバーでどこかに行っておしゃべりをしたり、休日に遊びに出かけたりしました。
また、休み時間やアクティビティではレベルの違うクラスの方々とコミュニケーションを取れるのも魅力的でした。その機会に知らない英語を習得したりと、有意義な時間を過ごすことができました。さまざまな国の方と知り合いになれたのが楽しく、うれしかったです。

オーストラリアにはいろいろな人がいて、陽気な雰囲気でした。街を歩いているといろいろな人に話しかけられました。

学校は1日も休まずに行き、その分、午後や休日は必ずアクティビティに参加したり、観光に行くようにしていました。8月のシドニーは天候も良く、過ごしやすかったです。アクティビティに参加すれば他の国の友だちができるし、1人で観光をすれば1人なりの、お友だちと観光をすればお友だちとのたくさんの思い出ができました。シドニーは観光地が多いので、たくさんの思い出ができました。

日本人の子たちも多く、日本のお友だちができたのも良い思い出です。日本でも会う約束をしています。私はサイダーを飲んでいましたが、英語の話せる日本人と他国の留学生と一緒にバーに行ったのも、親交が深まった良い思い出です。
いろいろな問題を解決してでも留学すべき

いろいろな問題を解決してでも留学すべき

担当の松田さんにはとても親切にしていただきました。私の申し込みが出発の1カ月前とぎりぎりだったにも関わらず、些細な心配事なども一緒になって解決してくれて、ありがたかったです。本当はこちらからお電話しなければいけなかった時にもご連絡をくださって、助かりました。

また、留学中はWISHのシドニーオフィスにもたくさんお世話になりました。日本語が思い浮かんで、うまく英語にできないときに教えてくれたり、おいしいお店を教えてくれたりもしました。そして何よりうれしかったのが、お手紙についてです。私がホストファミリーへのお手紙を日本語で書いたら、それを英文に訳してくださいました。とても助かりました。ありがとうございました。


今この体験談を読んでいる方は、きっともう半分以上留学したいという気持ちがある方なんじゃないかと思います。もちろん、金銭面や語学力、人間関係など、さまざまな心配事もあるのだと思います。しかし、それらの問題を解決してでも留学すべきです。

私は留学というこの機会を通して、貴重な体験をすることができました。国や年齢、人種など関係なく、皆が仲間なんだと思えるいい思い出ができました。WISHの方もサポートしてくださいます。何かあったときはヘルプを求めることもできます。
どうか最高の時を楽しんできてください。

お母様より

留学に行きたいと聞いたときは、貴重な経験をすることで多くのことを得てきてほしいと思いました。大きなトラブルもなく、無事に充実した留学の日々を送れたことをうれしく思っています。
子どもの意欲や行動力、努力に改めて感心しました。

留学体験レポート