留学体験レポート

何とかなるということを学んだ

山口理恵さん 留学時の年齢:29歳

ニュージーランド

ニュージーランド / オークランド
留学の種類 マンツーマンレッスンホームステイ / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2013年7月
留学期間
1週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 糟谷潤
何とかなるということを学んだ

多くの方の力を借りて実現できた

留学を経験して一番の素直な感想は「行って本当に良かった」です。

急遽1週間のお休みを取れることになり、興味本位でネットで留学について調べてみたら、1週間から可能ということがわかりました。

出発予定日まで2週間程度しかなく、何の準備も英語の勉強もしていない私が本当に行って大丈夫なのかと不安でいっぱいでしたが、担当してくれたWISHの糟谷さんの「英語力がなくても、さまざまな方法で伝えることができる」という言葉や、家族や会社の上司の後押しなど、多くの方の力を借りて実現できました。

伝わらない残念さを経験できて良かった

結局、仕事もあったので大した勉強もできずに出発しましたが、ホストマザーはとても優しく、教師経験もあるということから、私の英語力に合わせて会話をしてくれました。
もちろん全てを理解し合えたとは言えませんが、初日からとても楽しく会話をして一緒に過ごすことができました。

ホストマザーは時々「あなたの英語はとても良い」というようなことを言って誉めてくださり、すごくうれしかったです。

ホストマザーとその家族との会話は、私に合わせた簡単な英語やゆっくりしたスピードだったので良かったのですが、1人で出かけた時や一度街で学生のインタビューみたいな方々に話しかけられたときは、会話ができずにショックでした。
ただ、その時はショックでしたが、この留学を通して前向きに考えられるようになったのか、きっとこの聞き取れず伝えられないという残念な気持ちを経験できたことが良かったんだと思えるようになっていました。

希望していた全てを経験できた

会話をしながら朝食を楽しみ、日中は1人でバスに乗ってオークランドを巡り、1人でランチをしてまたバスに乗って帰り、夕食の準備を手伝って、今日1日の出来事を話しながら夕食を楽しむ、という毎日でした。
そのため、私が希望していた会話、海外の日常生活、家庭料理、そして1人での街歩き、観光の全てを楽しむことができました。

オークランドの景色はとてもきれいで、リフレッシュもできました。楽しすぎて帰りたくないと思うほどでした。今はまた絶対にあのファミリーのところに行きたいと考えています。次はもう少し英語力を付けて、全てのことが上手に伝えられるようにして行きたいです。

その他、ニュージーランドの方の優しさ、ニュージーランドの食べ物のおいしさ、日本との違い、そして何事も何とかなるということを学びました。

何も考えずに話せる言葉ではないからこそ(伝わる言葉ではないからこそ)、相手のことをとても思い合って交わす会話は大変素敵で、貴重な良い経験になりました。

留学体験レポート