留学体験レポート

「伝えたい」という気持ちが大事

日高由紀子さん 留学時の年齢:55歳

オーストラリア

インターナショナル・カレッジ・オブ・クイーンズランド・オーストラリア(ICQA)
オーストラリア / ブリスベン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2013年8月
留学期間
2週間
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス 安原美帆
「伝えたい」という気持ちが大事
出発前はネガティブなことばかり考えていた

出発前はネガティブなことばかり考えていた

2週間も家を空けたことがなかったので「長いなぁ・・・」と感じていました。「1人でちゃんと行けるだろうか」「落ち込んで帰ってくるんじゃないだろうか」「いやいや、行くことに意義がある。元気で帰って来れたらそれでいいい!」などと思いながら旅立ちました。

「他人の家で、しかも文化の違う外国で、気を遣って疲れるだろうな」とも思っていましたし、「ボランティアも、何もできずに落ち込んで帰ってくるんじゃないかな」とも思っていました。
出発前の心配とは正反対!

出発前の心配とは正反対!

しかし、結果は全然違っていました!本当に楽しい2週間で、「娘が1人で生活しているのでもう帰ってあげないと。でも帰りたくない」とホストファミリーに話していたほどでした。英語力も大して無いのに、何とか通じて話せていることがとてもうれしかったです。

マザーは私より年下なのですが、とても大らかな人で「私はYUKIKOのママだから!」「何でも話して」と言ってくれました。ファザーも、私を迎えに来てくれたり送ってくれたり、ジョークを言って笑わせてくれたりしました。だんだん私もやり返せるようになり、3人で楽しい会話をできるようになりました。

行って良かった!

公共の電車やバスで隣り合った人とも、しばらくすると話ができるようになり、話しかけることにも抵抗がなくなっていました。オーストラリアの人たちは本当にフレンドリーで、明るく親切でした。私が道に迷ったり困ったりしていると快く教えてくれ、本当に多くの人に助けてもらいました。

「伝えたい」という気持ちが大事なんだと思いました。ボランティアで行った小学校でのことも貴重な経験で、日本でも生かしていきたいなと思います。行って良かった!!
また来年も行きたいと思っています。

留学体験レポート