留学体験レポート

ガッツが必要だけど、それ以上の楽しさとやりがいが得られる

白山杏奈さん 留学時の年齢:23歳

オーストラリア

ナビタス・イングリッシュ ケアンズ校
オーストラリア / ケアンズ
留学の種類 ワーキングホリデー / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年6月~2013年3月
留学期間
1年間
担当オフィス/カウンセラー
名古屋オフィス 菊地裕之

学校とホームステイを長めにしておいて良かった

学校では英語のレベル別に分かれたクラスで、内容はかなりクラスによって違ったのですが、初級のクラスではゲームなどを利用した会話中心の授業でした。

バルコニーで昼食をとったりできるなど、必要な施設はきちんと揃っていましたが、全体的には小さくて和気あいあいとした雰囲気でした。先生も友だちも超フレンドリーで最高でした!!特に他の学校に比べてヨーロピアンの学生が多かったのが、個人的には良かったです。

最初の頃は特に毎日のようにWISHの現地オフィスにおじゃまさせていただき、話し相手になってもらうことで不安が消えました。ケアンズオフィスではWi-fiも使えてとても便利でした。ケアンズオフィスのミネさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

4カ月の学校が終わり、ホームステイと学校を長くしておいて良かったと思いました。約1年が経った今でも連絡を取る友だち(もちろん日本人以外の子も!)ができ、卒業後のオーストラリア滞在中もつらいことがあるときは支えになりました。

大好きな旅行が長期でできた

日本にいるときに想像していたプランとは全く違うものとなりましたが、これもワーキングホリデーならではではないかと思います。
結果的に学校4カ月、シティジョブ3カ月、ファームジョブ2週間、その他の期間は旅行となりました。

海外で働いて生活してみたい、日本人以外の友だちを作りたいという夢が叶っただけでなく、大好きな旅行が長期でできたことをうれしく思います。日本で貯金をして来て良かったです!
ファームの仕事は私には合わなかったのですが体験できて良かったですし、街での仕事が合うと思って、日本でも仕事をがんばれそうです(笑)シティジョブは日本食レストランだったのですが、仕事中の接客はほぼ100%英語なので勉強になったし、バイト仲間とよく遊んだりと、充実した生活のきっかけとなりました。

何もかもを自分でしなくてはならないですし、さみしく感じることもたくさんあるので、かなりのガッツが必要だと思いますが、必ずそれ以上の楽しさややりがいが得られると思います!!悩みつつも、行動して本当に良かったです。

毎日の生活が1番楽しかった

ホストファミリーには本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。いつもわかりやすい英語で話してくれたりして、私のことをすごく気遣ってくれました。料理もおいしいし、洗濯や掃除もしてくれました。何よりも人柄が最高でした!学校が嫌でサボったときには怒ってくれたりもしました。
最初の街のケアンズには、滞在中に姉と旅行したときと帰国前の2回立ち寄ったのですが、その2回ともホストファミリーと再会し、帰国前には1週間泊めていただいたほど仲良くしてくれました。

オーストラリアの人は本当にフレンドリーで親切!!人柄もオーストラリアのたくさんの自然も、全部が大好きです。

1番楽しかったのは、学校ではきちんと勉強し、週末になると友だちと飲みに出かけるという毎日の生活でした。英語が上達した理由はこれかなと思います。

留学体験レポート