留学体験レポート

最高に楽しかったなぁー!!!オーストラリアに戻りたいー!!

臼井祐子さん 留学時の年齢:21歳

オーストラリア

インパクト・イングリッシュ・カレッジ
オーストラリア / メルボルン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ&民間寮&シェアハウス

留学時期
2012年4月~2013年2月
留学期間
10カ月間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
最高に楽しかったなぁー!!!オーストラリアに戻りたいー!!

WISHのカウンセラーに背中を押してもらった

長期留学を決意するのはとても難しいなかで、WISHのカウンセラーさんに相談し、アドバイスをいただいて大きく背中を押してもらったのが全ての始まりでした。
オーストラリアに留学中もfacebookやメールで時々連絡を取らせてもらいました。私が何かを報告するたびに一緒になって喜んでくれるのがとてもうれしかったです!!
留学中も日本からのサポート、ありがとうございました。

また留学中はWISHのメルボルオフィスにもよく行きました。特に初めの頃はよくオフィスに顔を出しては、おすすめの場所やスポットについてのアドバイスをいただきました。
いつ行っても明るく名前を呼んで歓迎してくれるのがとっても嬉しかったです。
スタッフの皆さんがいつも楽しそうなので、私もメルボルンに住んでみたくなりました。
楽しい留学生活を支えていただいて、本当に感謝しています!また遊びに行きたいです♪

持って行くと便利なもの

オーストラリアでは、日本のようにすべてが時間通りではなく、電車が遅れることは普通でした。ホームステイをしていた時は電車通学だったのですが、時には遅れそうになって焦ることもありました。
それでもしばらくするとそれにもすっかり慣れてしまいました。

他に日本との違いで気付いたのはお店が閉店するのが早いこと。平日の夜はシティーの中心部であってもすぐにお店が閉まって、人通りも少なくなります。日本では24時間営業の店も多く、いつでも欲しいものが手に入りますが、オーストラリアではそうはいきませんでした。

基本的に何でも手に入りますが、日本製のものはやっぱり質が良いので、化粧水や化粧品は持っていくことをお勧めします。

またメルボルンは雨量が多いので傘は必須です。もちろん現地でも買えますが、高いうえにすぐに壊れるので日本から丈夫で持ち運べる折りたたみのものを持って行くほうがいいです。

あと、私は旅行もよくしたので、化粧水の小さい容器や使い切りのシャンプーなんかは便利だと思いました。バックパッカーに泊まるときは全て持参なので。他に、ウエットティッシュやポケットティッシュもかさばらない程度に持って行くと便利です。
週末や放課後の過ごし方

週末や放課後の過ごし方

週末は友だちとビーチに行ったり、BBQをしたり、買い物をしたり、夜はパーティーをしたりなど、毎週違ったことをして過ごしていました。

他に、旅行やツアーにも参加しました。友だちと一緒にレンタカーでプチ旅行もして、とっても楽しい素敵な思い出になっています。

ただ、ケンブリッジ英検コース受講中はほとんど毎週図書館に行って勉強をしていました。大きくて居心地のいい図書館で勉強するのも大好きでした。


シェアハウスに移る前に寮に5週間だけ滞在したのですが、私が滞在したところは想像していた学生寮とは大きく異なり、学校からも遠く、ホテルのようなところでした。他に学生が住んでいるのかも分からず「学生ばかりで友だちが作れる!」と期待していたので残念でした。

その後はいいシェアハウスを見つけられ、居心地の良い生活を送ることができました。
シティーに住んでいたので学校にも徒歩で行けましたし、終電を気にせずに夜も遊べたので、私はシティーに住むことをお勧めします。
本当に英語力を伸ばしたいならインパクトがおすすめ

本当に英語力を伸ばしたいならインパクトがおすすめ

学校では最初は一般英語を受講しました。
ゲームや会話を交えて英語の基礎を学べるクラスでした。クラスメイトとの会話の機会も多く、毎日楽しみながら英語を身に付けられました。

その後にケンブリッジ英検(FCE)に挑戦しました。
一般英語とはまた違い、同じ目標を持ったクラスメイトたちと励まし合いながら、レベルの高い英語を学べました。
もしこのクラスを取っていなかったらこれほど充実した留学生活はなかったと言える程、勉強に力を入れました。スピーキングの伸びも実感することができた、密度の濃い3カ月間でした。

インパクトには英語しか話してはいけないという厳しいルールがあったので、本当に英語力を伸ばしたいならインパクトをお勧めします!

大きな駅も近くにあるので通いやすいですし、とってもきれいです!図書館や学生ラウンジも使いやすく、友だちとの交流の場としてくつろげます。英語をしっかり勉強したい方にはとってもいい環境です。
自分の小ささを実感して、前向きになれた

自分の小ささを実感して、前向きになれた

「1年なんて長いなあ~」「本当に大丈夫かな?」という不安を少し抱きつつもワクワクしながら始まった私の長期留学。
終わった今は充実感と満足感でいっぱいです。本当にあっという間でした!!!

最初の2カ月くらいは生活に慣れるのに毎日必死だった気がします。
その後シェアハウスに移り、ラッキーなことにシェアメイトがフレンドリーで、仲良く皆で夕飯を食べたり、出かけたりして、家に帰るのが楽しみでした。特に同じ部屋で9カ月間一緒に暮らした台湾人の女の子とは姉妹のようになり、一生続く仲を築くことができました。

日頃からなるべく日本語は使わないようにしていたので、半年を過ぎたくらいから、友だちと英語で話すのが本当に楽しくなりました。自分の英語が上達していることを感じられたときはうれしかったです。

オーストラリアでは毎日のように新しい出会いがあり、常に友だちが増えていきました。他国の人たちと笑いながら、まるで日本人といるように普通の会話ができるようになり、他国の文化や違った考え方に触れて、私自身の世界が大きく広がったと思います。

また、留学中は定期的にオーストラリア国内を旅行しました。6つの違うシティーを訪れ、自然も満喫しました。どこに行っても壮大で美しいオーストラリア。何度も自分の小ささを実感させられ、前向きになろうと思わせてくれました。

留学前は、何かをやる前に少し尻込みすることもあった私ですが、今では「よし!やってみよう!」とすぐに行動するようになったと思います。そして、英語が話せるようになった自分に自信がつき、ためらうことなく人に話しかけて会話を楽しむことができるようになりました。
もともとポジティブな私でしたが、今はスーパーポジティブになったなぁと思います(笑)

この年でこんなに素晴らしいたくさんの経験ができたことは私の一生の宝です。
両親に大きな感謝でいっぱいです。
そして悩んでいたあの時に諦めずに留学することを決めて本当に良かったと心から思います。むしろ、留学をしていなかった自分が考えられません・・・。

帰国した今、次はどんな形で海外に行こうかと考え中です。英語はこれからも勉強を続け、さらにネイティブに近づけるようにがんばりたいと思います。オーストラリアで作ったいろんな国の友だちに会いに行くことも、大学生活で達成したい私の目標になりました。

「最高に楽しかったなぁー!!!オーストラリアに戻りたいー!!」
今の私の一番の気持ちです(笑)
本当にありがとうございました!

留学体験レポート