留学体験レポート

英語に対する抵抗感がなくなったことが一番の成果

高瀬優佳さん 留学時の年齢:19歳

イギリス

フランシスキング・スクール・オブ・イングリッシュ
イギリス / ロンドン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年9月
留学期間
2週間
担当オフィス/カウンセラー
名古屋オフィス 草川忍

充実の2週間

2週間の滞在は、とても充実したものになりました。

行きの飛行機のなかでは、1人で行くことにとても不安を感じましたが、現地の空港に到着するとWISHスタッフの方が出迎えてくださったので、とても安心しました。

学校では、9時~12時が文法の授業、12時10分~13時が会話の授業でした。文法は、現在形、進行形、完了形などについて先生が例文を用いて丁寧に教えてくださり、会話のクラスでは他の国の人と会話をしました。聞き取りにくいこともありましたが、もう一度言ってもらったり、ゆっくり話してもらったりなど、理解しようという姿勢で取り組むことで、コミュニケーションが取れるようになりました。他国からの留学生とも仲良くなれ、文化の違いなども知ることができました。

午後からは観光やショッピングを楽しみました。
大英博物館でのロゼッタストーンやナショナルギャラリーでのゴッホのひまわりなど、教科書で見たようなものの本物が見られることに、とても感動しました。

ホストファミリーも温かく、食事も一緒にして、いつも「どこに行ってきたの?」「明日は何をするの?」など聞いてくれたので、たくさん会話をすることができました。一緒に折り紙をするなど、良い時間を過ごせました。

英語を使ってもっと話したいと思うように

私が、留学を経験して一番良かったと思うのは、英語に対する抵抗感がなくなったことです。今までは、「英語をすらすら話すのは恥ずかしい」「うまく話せないから、もういいかな」とか思っていたのですが、英語圏の国に行き、英語ばかりの世界で、「話さないと伝わらない、生活できない」という経験をしたため、たくさん英語を使う機会を持てたことで抵抗がなくなったのだと思います。

2週間で英語力が上がったかどうかはわかりませんが、相手が言っていることがなんとなく捉えられるようになったり、英語を使ってもっと話したいと思うようになりました。
この留学に参加して、本当に良かったです。

留学体験レポート