留学体験レポート

「自分らしく、明るく元気に楽しむ」と決めて出発!

遠藤愛さん 留学時の年齢:20歳

カナダ

キング・ジョージ・インターナショナル・カレッジ(KGIC) トロント校
カナダ / トロント
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年8月~9月
留学期間
3週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 峰岸勝
「自分らしく、明るく元気に楽しむ」と決めて出発!
一生に一度だと思って

一生に一度だと思って

3週間という短い時間でしたが、本当に貴重な経験を得ることができました。
行く前は海外で1人でやれるのかという不安を感じていましたが、一生に一度だと思って、「自分らしく、明るく元気に楽しむ」ことを決心して行きました。

到着してすぐにWISHのスタッフの方が日本語で対応してくださり、また、ホストファミリーも包み込むような優しさで温かく歓迎してくださったので、安心したのを覚えています。

ホストマザーもファザーも大変明るく気さくで、常に私のことを気にかけてくれている感じがしました。本当の家族のように接してもらいました。

大きなカナダ国旗に書いてもらったメッセージ

大きなカナダ国旗に書いてもらったメッセージ

次の日から始まった学校では、新入生中アジア人が私1人だったことに驚きましたが、目が合ったメキシコ人の女の子に「Hi!」と笑顔で挨拶をしたのをきっかけに、すぐに打ち解けることができました。私が留学中ずっと一緒にいた友だちは、メキシコ人とブラジル人。キスとハグが日常化している彼女たちとは、文化こそ異なるものの、同世代の女の子としてフィーリングがとても似ていたので、英語とジェスチャーと表情をフル活用して、いつも楽しく会話をしていました。

また、友だちと一緒に行ったナイアガラの滝、トロント・アイランド、ボートクルーズパーティーで見た景色は、これまで見たことが無いほど壮大で素晴らしく、思わず「Beautiful!」とうっとりしてしまいました。

学校は英語オンリーのルールが徹底されていて、学生のモチベーションが高かったですし、先生たちもかなり優秀なうえ、とてもフレンドリーな雰囲気で親しみやすかったです。学生が発言しやすい雰囲気を常に作ってくださいました。また、どのクラスでもペアワークを毎日やっていたので、クラスの全員と話すことができ、それぞれの人が持つ価値観を知って、常に新しいことを学んでいました。

最終日、毎日共に頑張ってきた仲間との別れは本当に辛く、メキシコ人の友だちが手紙を書いてくれたり、ブラジル人の子が私のために泣いてくれたりして、心から感動しました。たくさんのクラスメイトと写真を撮りましたし、大きなカナダの国旗にメッセージを書いてもらったので、一生大切にしたいと思います。

たくさんの友だちや先生、そしてファミリーにハグしてもらったり、「I miss you」と言ってもらえて、皆の愛を感じ、とてもとてもうれしかったです。
この経験を無駄にせず、夢に向かって勉強

この経験を無駄にせず、夢に向かって勉強

WISHの峰岸さんには、この学校をおすすめしてもらって大変感謝しています。私の希望を一つ一つ聞いて学校をすすめてくれたり、より都合の良い航空券を確保していただいたり、本当に良いサービスでした。
また、出発前日にお電話をいただけたのも心強かったです。

かけがえのない友だちを作ることができ、素敵な先生方に出会い、今までの人生で最高に幸せで、一生忘れられない大切な思い出になりました。
たくさんの方々にお世話になったこの機会を無駄にしないで、夢に向かって勉強を続けていこうと思います。
  • 「自分らしく、明るく元気に楽しむ」と決めて出発!

留学体験レポート