留学体験レポート

さよならパーティーでは泣いてしまいました

大沼咲子さん 留学時の年齢:21歳

オーストラリア

ケアンズ・カレッジ・オブ・イングリッシュ(CCE)
オーストラリア / ケアンズ
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年8月
留学期間
4週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 石井英樹
さよならパーティーでは泣いてしまいました
気づいたら、誰よりも多くの友だちができていました

気づいたら、誰よりも多くの友だちができていました

「ケアンズに行きたい」と思って、東北地方の学生向け留学説明会に参加しました。

1人で海外に行くのは初めてだったので、不安もありましたが、良いホストファミリーとたくさんの友だち、現地のスタッフの方々のおかげで、本当に楽しく充実した4週間を送ることができました。

授業は午前中がグラマー中心で、午後はスピーキングの授業でした。私のクラスは皆よく発言する人ばかりで、私には少し難しいかなと思いましたが、先生を含め、皆フレンドリーで楽しいクラスだったので、クラスを変えずに頑張りました。学校には広いランチルームもあり、パソコンなどの設備も整っていました。また、学校内では英語オンリーのポリシーが厳しく実施されていたのも良かったと思います。

友だちができるかというのも不安の一つだったのですが、気が付いたら誰よりも多くの友だちができていたことに自分でも驚きました。
その中でも特に韓国の人たちには本当に親切にしてもらい、放課後には毎日のようにBBQをしたり、近くのバーでお酒を飲んだりしました。

私が卒業する日も、さよならパーティーを開いてくれ、離れても忘れないようにと、皆からプレゼントをもらって、思わず泣いてしまいました。

日本人の友だちも、高校生から社会人までさまざな年齢層の方々がたくさん来ていて、とてもよい経験ができました。

週末はアクティビティに参加しました。グレートバリアリーフでスキューバダイビングをしたり、キュランダ村に行って世界遺産の熱帯雨林を見たりと、ケアンズでしかできないことをし、見られないものを見てきました。大自然の中で生活していると、とてものんびりした気持ちで毎日を過ごすことができました。
これからの自分の糧となるような4週間

これからの自分の糧となるような4週間

私が滞在したホストファミリーは、マザーだけのお宅だったので、たくさんお話ができ、会話のなかで私の間違いを丁寧に直してくれたりもしました。いつも一緒にテレビを見ていたのですが、内容を分かりやすく教えてくれたりもしました。

マザーの友だちともたくさん出会え、いろいろな話を聞くことができました。本当にこのファミリーでよかったなと思います。

WISHの現地オフィスの方々の対応もすごく良かったので、安心して生活することができました。いつも温かく迎えてくれたので、学校帰りにはよくオフィスに遊びに行っていました。

このプログラムに参加したことで、いろいろな体験をし、たくさんの人に出会いました。本当に素晴らしく、これからの自分の糧となるような4週間でした。ありがとうございました。
  • さよならパーティーでは泣いてしまいました

留学体験レポート