留学体験レポート

スポーツは万国共通

S.Mさん 留学時の年齢:65歳

カナダ

カナディアン・カレッジ・オブ・イングリッシュ・ランゲージ(CCEL)
カナダ / バンクーバー
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年7月~8月
留学期間
2週間
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス 原田優美
スポーツは万国共通

パソコンを使った授業

CCELは授業でパソコンを使うのですが、操作に不慣れなため授業についていくのが大変でした。
しかし、授業はしっかりしており、内容も充実していましたので、長期間在籍すれば英語力が上がることを実感しました。

授業内容がどんどん発展して、発言の機会が多いことに戸惑いましたが、効果は大きいと思います。先生もしっかりした親切な方でした。

校内は母国語禁止のルールがかなり守られていました。日本人は思いのほか少なく、アジアからの留学生は韓国人と中国人が多かったです。
スタッフの応対も親切でよかったと思います。

カナダ人のバスでのマナーに感心

ホームステイ先は学校からバスとスカイトレインを使って40分くらいのところでした。バス停が近く、便利でした。
とてもホスピタリティ精神のあるご家庭で、日本食に近い食事を多く出してくれて、味もおいしかったです。

ただ、これはこの家庭に限らず、カナダの習慣だと思いますが、室内の証明が間接照明で全体的に暗く、宿題をしたり本を読んだりするのに困りました。

週末にはバンクーバーとリッチモンドで卓球場に行きました。気持ちよくプレイすることができ、やはりスポーツは万国共通だと感じました。

カナダの習慣で気持ちよく感じたのが、バスでのマナーです。
乗客は降りるときに必ず運転手に「Thank you」と言って降りていきます。また、敬老席を守っているのにも感心しました。他にも、障碍者の外出の機会が多いことや彼らを周囲が支えていること、観光客など外から来る人に親切であることなども、カナダで生活をしてみて気持ちよくうつりました。

今回の留学では、ツアー旅行では味わえない貴重な体験ができました。
お世話になり、ありがとうございました。

留学体験レポート