留学体験レポート

幼い頃からの夢を実現!

水野那美さん 留学時の年齢:20歳

オーストラリア

ケンブリッジ・インターナショナル・カレッジ(CIC) パース校
オーストラリア / パース
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2012年8月~9月
留学期間
3週間
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス 増田順子
幼い頃からの夢を実現!
ホームシックのときに支えてくれたのは、WISHの現地スタッフ

ホームシックのときに支えてくれたのは、WISHの現地スタッフ

私は今回が人生で初めての留学でした。

英語はほとんど話すことはできませんが、留学することが幼い頃からの目標だったので、3週間という短い期間でしたが、挑戦しようと思いました。

行き先をオーストラリアのパースにした理由は住みやすい街と言われていると聞き、魅力を感じたからです。
実際、パースには日本人が少なく、日本語を見たり聞いたりする機会も少なかったので、英語を学ぶには最適な街だと思いました。街の景色も美しく人々も親切で、また行きたいと感じるような所です。

英語ばかりの環境なので、最初の2,3日間は不安や戸惑いで、少しホームシックになりましたが、そんな時に支えてくれたのが、WISHのパースオフィスのスタッフの方々でした。自分の気持ちをスタッフの方に話すことで気分が楽になりました。日にちが経つにつれて、学校で友だちができたり、生活にも慣れ始めて、徐々にホームシックもなくなっていきましたが、スタッフの方には、週末の予定の相談にものっていただいたりもして、本当にお世話になりました。

毎日学校に行くのがとてもたのしかった

留学中に楽しかったことは学校です。
学校の初日はとても緊張しましたが、クラスの教室に案内された時に、クラスの皆が温かく迎えてくれたので、安心しました。とてもアットホームな雰囲気でした。

時には難しく感じることもありましたが、先生の話す英語はとても聞きやすく、楽しく英語を学ぶことができました。スキルの授業は少し簡単とも感じましたが、他国の方々がすごく積極的に授業を受けているので、大変刺激を受けました。また、エクストラクラスに出ることで語彙や発音、会話力を高めることができ、とてもよかったです。

学内にはコンピューターがたくさん置いてあったり、本の貸し出しが行われていたりして、施設の面でも充実していたと思います。先生がすぐに名前を覚えてくれるので、とても居心地がよく感じました。英語や絵、ジェスチャーで他国の留学生ともコミュニケーションが取れ、仲良くなれました。

週末に友だち何人かで車でカンガルーやコアラを見に行ったのもすごくいい思い出です。
また、水曜日と金曜日の放課後にはアクティビティが開催されていました。それに参加すると友だちも増えますし、パースの名所にも行くことができました。中でも、BBQはとても楽しかったです。

また、個人的には、毎週金曜日の卒業式がとても印象的でした。初めて出たときはすごく感動しました。

とにかく、学校に行くのはとても楽しかったです。

もっと積極的になればよかったと少し後悔

ホストマザーもとても優しかったです。

初日は飛行機で気分が悪くなり、また水道の水が合わずにお腹をこわしたり、目が腫れたりと、留学中に何回か体調を崩すことがあったのですが、その度にマザーがすごく心配してくれましたし、また、学校の宿題で分からないところを聞くと、私が分かるまで丁寧に教えてくれました。
とても親切にしていただいて、楽しい日々を過ごすことができました。

とても楽しい留学生活でしたが、少し後悔していることは、もっと積極的に英語を話せばよかった、という点です。
周りはもちろん英語ばかりなので、聞く力は向上したと思うのですが、やっぱり話すのは自分次第なので、もっとマザーや学校の友だちとの会話の機会を積極的に増やせばよかったと思っています。

でもこの3週間はとても充実し、貴重な体験になりました。また機会があればパースへ行きたいです。
こんなに素晴らしい経験をさせてくれた家族の皆とWISHのオフィスの方々に感謝したいです。
ありがとうございました。

留学体験レポート