留学体験レポート

休学留学でシアトルへ

岡田卓也さん 留学時の年齢:20歳

アメリカ

シアトル・セントラル・コミュニティ・カレッジ
アメリカ / シアトル
留学の種類 大学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2010年12月~2011年12月
留学期間
1年間
担当オフィス/カウンセラー
大阪オフィス 増田順子
休学留学でシアトルへ
アメリカ人と一言で言っても多種多様

アメリカ人と一言で言っても多種多様

僕は、日本の大学を休学して、アメリカのシアトル・セントラル・コミュニティ・カレッジに1年間留学しました。

シアトルにはいろいろな国籍の人がいて、僕の友だちにはアメリカ人だけでなく、アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカ、中東など、本当にいろいろな国から来ている人がいました。また、「アメリカ人」と一言で言っても人種がいろいろいて、多種多様な文化背景のある場所だと改めて感じました。

僕は初めの3カ月はESLに通い、残りは大学の授業を受けました。
もともと勉強したい分野があったのですが、それを英語で勉強するのはとても新鮮で、モチベーションがとても上がりました。
ただ、留学は勉強だけではありません。今回は勉強以外のことについて書きたいと思います!

サッカーで国際交流&語学力アップ!

サッカーで国際交流&語学力アップ!

まずはサッカーです。
サッカーはアメリカでは野球ほどの人気はないのですが、やはり好きな人はとても好きで、ボールを持ってフィールドに行くと必ず声をかけられて、一緒にサッカーをすることになります。
初めは言葉もなかなか通じませんでしたが、一緒にサッカーをすることでどんどん友だちが増え、仲も親密になっていきました。
大学ではインドアサッカーのトーナメントもあり、いろいろな国から人を集めた国際チームを作って参加しました。

外国人は基本的に日本人に比べると自己主張が強く、自分の意見をはっきり言うし、相手の意見は手加減なく否定するので、口論などの衝突は何度もありましたが、こういうトラブルを乗り越えることでまた一段と深い仲になっていきました。ここで得た語学力もかなり大きいと思います。

3度参加したトーナメントで2度も優勝し、メダルやトロフィーをもらって、皆で盛大にお祝いしました。
僕が帰る直前に参加したトーナメントで優勝したときには、1つしかないトロフィーを皆が「日本に持って帰るように」と僕にくれたときは涙が出そうでした。大切に家に飾っています。

手作りコスチュームでハロウィン

手作りコスチュームでハロウィン

次はこれから留学をする皆さんにも海外でぜひ参加して欲しいイベント、ハロウィンについてです。

アメリカではハロウィンはかなり大きなイベントなので、張り切りました!
皆はたいてい顔にペイントをしたり、魔女やピカチュウ、マリオなどのコスチュームを買って着たりするのですが、僕はなにか珍しくておもしろいものになろうと思い、いろいろ考えた結果、この写真のコスチュームを友だちと協力して作ることししました。
これはシアトルにいる人なら絶対に知っているスーパーの紙袋のコスチュームです。なかなかリアルに再現できたと思っています!これを着て道を歩くととても多くの人に声をかけられ、一緒に写真を撮ってくれと頼まれました(笑)

大学でハロウィンのコスチュームコンテストがあったので参加すると、なんと「おもしろい部門」と「総合部門」の2部門で優勝しました!賞金や賞品もいろいろあって、かなりラッキーでした。
このコスチュームを通じてできた友だちもたくさんいて、ハロウィンに力を入れて良かったと思いました。

留学中にしかできないことをやる

留学中にしかできないことをやる

1年間の留学生活の全てを書き出すと本当にきりがないのでこのへんで止めておきますが、結局何が言いたいかというと、もし僕のように1年間くらい留学をするつもりなら、決して家にこもって毎日勉強なんてしないで欲しいということです。

僕は何かしなければいけないことなどに追われた際には、「これは留学中にしかできないことかどうか」という物差しで優先順位をつけていました。
外国人とサッカーをしてお互いの意見をぶつけあったり、ハロウィンのコスチュームを着ていろいろな人と友だちになったりという経験は、留学中にしかできないことだと思います。
家で英文を読んだり単語を覚えたりなどということは日本でもできるので、わざわざ留学してまでするのはもったいないと思います。だから僕はそれらのことはあらかじめ日本でイヤというほどやっていきました。
そして留学中は、できるだけ多くのコミュニティーに片っ端から属し、イベントがある場合には片っ端から参加しました。そこから本当にたくさんの友だちができ、その友だちが皆それぞれ違った背景を持っているので、その人たちと話すことで、いろいろな価値観にふれられるのがとてもおもしろかったです。

そのおかげで話したり聞いたりする力はとても伸びました。それに比べると読み書きは少し苦手ですが、帰国後の今も毎日英語を読んで克服していっています。
これから留学に行かれる方は、限られた時間を最大限に活用して、語学だけでなくもっといろいろなものを学べるように頑張ってください!!
  • 休学留学でシアトルへ
  • 休学留学でシアトルへ

留学体験レポート