留学体験レポート

美容師のコースを受講

三瓶桂輔さん 留学時の年齢:21歳

イギリス

チチェスターカレッジ
イギリス / ロンドン
留学の種類 大学留学 / 滞在方法 ドミトリー

留学時期
2005年7月~2006年10月
留学期間
1年間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
美容師のコースを受講
英語は毎日の積み重ね

英語は毎日の積み重ね

自分の通うチチェスターカレッジは、とても良い環境の学校です。
閑静な場所にあり、勉強するには最適な場所だと思います。また留学生に対するバックアップにも長けていて、学校生活を充実させることができると思います。

自分は今まで英語のコースと美容師のコース(hair&beauty)を受講してきました。ですのでまず英語のコースを紹介したいと思います。

自分が英語のコースをとったのは美容師のコースをとる前の2カ月の間です。
最初はクラスについていくのも大変で、とても苦労しました。ですがその間に得たモノは大きかったです。
やはり本コースに入る前に英語に慣れておくことは重要だと感じました。英語のコースは初級から上級までさまざまなクラスに分けられています。
クラスの授業内容もさまざまで、各先生が趣向を凝らした授業を展開してくれます。また、もし自分のクラスが自分のレベルに合っていないと思ったら、変更することも可能です。やはりイギリスに来て思ったことは英語は毎日の積み重ねだと思います。
もし今イギリスに英語を勉強したいと思っている方がいらっしゃるなら、日々少しでも英語に触れることをおすすめします。
それだけで留学したときの英語の吸収力が違うと思います。

美容のコースについて

次に美容のコースを紹介したいと思います。

自分はイギリスに来る前に、日本で美容専門学校に通っていました。ですので、NVQ level2というコースから始まりました。本来はlevel1からのスタートです。
専門コースは年齢や取得したい資格や自分の経験によって、コースを選択することができます。

自分の今のクラスは自分以外すべてイギリス人です。最初はとても肩身の狭い感じがしました。授業もネイティブに合わせて進められるので、英語の部分で本当に苦労しました。ですが英語の上達を考えた場合、非常に良い環境にいるなぁと感じました。

授業の内容はというと、イギリスの場合ひとことで言えば実践重視です。最初の頃の授業ではほぼ人の頭(クラスメート)で練習しました。その後、授業内でお客様をとり実際に施術するようになりました。 もちろんイギリスでもウィッグは使いますが、使用頻度は少ないです。
人の頭や髪は千差万別ですし、国籍によってもまったく違います。ですから、イギリスの実践を意識した教育体制は素晴らしいと思います。
自分は今授業の中でお客様をとり、カウンセリングからセットまですべてこなしています。もちろん最後に先生にチェックしてもらいます。

Chichester Collegeにはヨーロッパ諸国を始めさまざまな国から生徒が留学しています。ですから時には、イギリス人以外の髪も施術します。この経験はイギリスでしか味わえないモノだと思います。

授業は実技だけではなく、セオリーも勉強します。最初はもちろん内容を簡単に理解することはできませんでした。専門用語が英語になるだけで、理解するのに時間がかかりました。ですので、最初はひたすら質問して、ひたすら復習しました。

とにかく、もしわからないことがあったら、すぐ何でも質問するべきです。結局コミュニケーションをとらない限り上達はしないと思います。イギリスでは日本人は丁寧だが、自分の気持ちをあまり主張しないと思われてるそうです。(ホストファーザー談)YesとNoはハッキリ、わからないことは何でも聞く、話さないと何も始まらないという気持ちが上達の近道だと思います。

寮とホームステイ

次は住まいについて紹介します。
イギリスに来た当時は寮に住んでいました。寮にはさまざまな国の人が住んでいます。ですから、一緒にパーティーをしたり、コミュニケーションをとったりすればたくさんの友だちができ、留学生活が充実すると思います。
さまざまな国の文化に触れることや、さまざまな国の友だちを作りたいという方に、寮は最適だと思います。

その後、住まいをホームステイに変更しました。主な理由は英語力の向上です。
ホームステイではネイティブのホストと会話をすることができます。やはり、ネイティブと会話をし続けると、英語は飛躍的に向上すると思います。
自分がイギリスで滞在して思ったことは、最初はまずホームステイをするのがベストだということです。その後生活に慣れてきたら、自分の滞在したい場所に移れば良いと思います。

ホームステイ、寮、student houseなど。イギリスに来てから滞在先を変更するのは簡単(空きがあれば)なので、心配する必要はないと思います。

プライベートを充実させるひけつは、たくさんの友だちをつくり、行動の幅を広げること

最後に休日の過ごし方について紹介します。

自分はよく友だちと買い物にロンドン、ブライトン、ポーツマスなどに行きます。ブライトンやポーツマスはアクセスが便利なので、かなり活用しています。夜には友だちとパブに行ったり、パーティーを開いたりしています。
ハーフタームや連休などの多少長期の休日には、イギリス国内を旅したり、海外(ヨーロッパ)に旅に出たりします。イギリスからヨーロッパの他の国行くには、旅費(特に航空券)が安くおさまるのでおすすめです。

また、イギリスにはたくさんの名所があるので、観光するのも良いと思います。

自分の趣味の話を少し含めると、イギリスはfootballが盛んなのでよくプロの試合を観戦しに行きます。
また海まで近いので、これからの季節には友だちとサーフィンを楽しむ予定です。
プライベートを充実させる秘訣は、たくさんの友だちをつくり、行動の幅を広げることだと思います。
英語で会話をして、仲間をつくり、日々楽しく過ごすことほど楽しいことは他にないと思います。

留学体験レポート