留学体験レポート

とても価値のある経験ができました

嶋本泰明さん 留学時の年齢:23歳

オーストラリア

オーストラリア / ゴールドコースト
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2011年2月
留学期間
3週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス 石井英樹

3週間が長く感じた理由

私は今回3週間、オーストラリアに行ってきましたが、海外がほぼ初めての私にとっては、長くもあり、短くもあった経験でした。

私は英語が得意ではないので、ホストマザーとの会話から学校の友だちとの会話まで、苦労の連続でした。
ホストファミリーは、一緒に生活し、顔を合わせることも多いし、ファミリーが留学生の受け入れ慣れているのもあって、私の下手な発音でも、私が何回聞き返しても、きちんと応えてくれたのですが、学校の友だちはそうもいきません。スイスやブラジルから来ている人たちは、英語をとても話せるし、彼らなりの訛りもあったので、聞き取りにくく、コミュニケーションを取るのも難しく感じました。

食事はホストファミリーが作ってくれるものは、アジア系が多かったのか、自分の口にとても合い、いつも美味しくいただき大満足でした。
ただ、外で食べるものはやはり脂っぽいものが多く、野菜が不足しがちになりました。飲み物も、炭酸入りの砂糖入り、のようなものが多く、長く居たら体のどこかに異変が起こるのかな、と思うと同時に、日本食を恋しく思うことも多々ありました。

3週間が短く感じた理由

一方でオーストラリア人のライフスタイル、人柄の良さ、そしてオーストラリアの気候などは、とても魅力的でした。
特にライフスタイルは日本とは全く異なっていて、自分には考え付かないものだったので、オーストラリアに来て初めて知った、新しい生き方でした。この「気付き」は、将来の自分に役立つと思います。
気候も非常に温暖で、まさに快適でした。行った時期は日本が冬だったこともありますが、もっとオーストラリアに居たいと思った、大きな要因です。

日本に帰りたくないと思ったこともありましたが、総じて今回の留学は、辛いことも楽しいことも含めて、人生という大きな枠で考えたときに、とても価値のあるものでした。非常に多くのことを学びました。
この経験を今後の生活、仕事、勉学など、あらゆる面で活かしていこうと思います。

留学体験レポート