留学体験レポート

2週間、絶対日本語を話さないと決意!

石尾桃子さん 留学時の年齢:18歳

イギリス

イギリス / ブライトン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

文法が分からなくても、とにかく話すことが大事!

とにかく向こうでの2週間は本当に短かったです!
その期間でできるだけいろいろな人と話して仲良くなりたかったので、普段の自分の性格を忘れて、会う人会う人に話しかけました。目が合うと皆ニッコリしてくれるので、とても話しかけやすかったです。

私が通った学校にはヨーロッパからの留学生がとても多かったのですが、彼らのほとんどは留学する必要がないのではないかと思うほど、英語を話します。
でも中には、すごくしゃべれるのによく聞くと文法がめちゃめちゃだったり、クラスのレベルは私よりも下だったりしました。
彼らを見ていて、例え文法ができなくても、臆することなく話すことが重要だと実感しました。

学校には世界中から人が集まってくるので、それぞれの国のことや言葉を教えてもらったりして、これまでより世界がぐっと近くなりました。そんなにいろいろな国の人たちと大勢で騒ぐのは滅多にない経験なので、おもしろかったです。
日本人ももちろんいて、中には日本人同士で固まっている人たちもいましたが、こんなに恵まれた環境にいるのにもったいないと思い、私は2週間の間絶対に日本語を話さないと決めていました。そのおかげで有意義な時間を過ごすことができました。

学校はブライトンの中心部に近いところにあり、海も見える絶好のロケーションでした。
週末に企画されている小旅行は郊外の観光地に行けて便利でした。
学校スタッフや先生は皆優しく、フレンドリーな人ばかり。初日の月曜日のオリエンテーションや市内散策、バーベキューがきっかけとなって友だちをたくさん作ることができました。

ルームメイトの存在で一味も二味も違った留学に

私はホームステイ先で部屋をシェアしていました。
留学に行く前は一人部屋の方がいいかなとも思っていましたが、実際に体験してみると、ルームメイトがいると心強いし、よく一緒に行動したのでとても仲良くなれて良かったです。
私のルームメイトはフィンランドから来た女の子だったのですが、同じ年で本当に楽しかったです。学校も時間割が同じ時は一緒に行けたし、夜は二人でパブやパーティーに行ったりして過ごしました。
ルームメイトがいる方が英語も上達するし、仲がとても深まるので、一味も二味も違った留学になると思います。

ブライトンの人たちはとても優しいです。一人で歩いていると必ず誰かに声をかけられます。
街のレストランで一人で食事を取ってもいても「どこから来たの?」「一緒に食べる?」と声をかけられますし、朝なども「今日はどこに行くの?」と聞かれたりもします。
人との出会いのおもしろさは、パブで実感できると思います。パブのオーナーと話をしたり、常連客と仲良くなったり、いろいろな人が集まってくるので、たくさんの人と話すことができました。

出発前、私以上に不安になっていた両親に、WISHのスタッフが丁寧に何度も分かりやすく説明してくださったので、両親のより大きな理解を得ることができました。
準備講座の存在もとても大きく、私は大好きでした。講座でもらった教材は役立つものばかりで重宝しました。留学前に英語をより身近に感じるよい機会となりました。
出発前のオリエンテーションも、あまりよく想像できなかった留学中のことがクリアになって良かったです。
ロンドンのスタッフの方も、質問するとすぐに調べてくださったり、帰国が近づいた頃に電話をくれて帰国日に行くターミナルの確認をしてくださったりと、細かいサポートがありがたかったです。

留学体験レポート