留学体験レポート

子ども5人の家庭で、朝から賑やか

内藤あずささん 留学時の年齢:19歳

アイルランド

エメラルド・カルチュラル・インスティテュート
アイルランド / ダブリン
留学の種類 語学留学 / 滞在方法 ホームステイ

留学時期
2005年8月~9月
留学期間
4週間
担当オフィス/カウンセラー
東京オフィス
子ども5人の家庭で、朝から賑やか

夢のような理想の生活

朝起きると朝食を用意し、庭の見えるダイニングで食事をしました。必ず朝・夕はミルクティーを飲み、少し涼しい時もこれで温まりました。

ホストファミリーは7人家族で子どもが5人いたので、朝からにぎやかでした。
「See you!!」と学校へ向かい、授業が始まります。参加型の授業なので、先生と生徒の言葉のキャッチボールは絶えません。

あっという間に昼休み、午後の授業と進み、授業後はアクティビティです。
ダブリン城やトリニティーカレッジなどを学校の友人とまわり、そこでもたくさん英語で話し、友だちも新しくできました。
アクティビティはだいたい5時から5時半までなので、夕飯を食べにそのままステイ先に帰るという感じでした。
夕飯はワンプレートにジャガイモ、肉OR魚、豆、サラダなどがのっていて、パスタもよく出ました。

私は夕飯の前やあとに必ず末っ子(7歳)の男の子Paulと庭でサッカーやラグビーボールを使ったゲームをして遊びました。雨の日は家の中でゲームをして、とにかく一緒によく話していて楽しかったです。
今思うと、Paulと話すことで「話す」「聞く」という力をつけることができたと思います。
他にも家でマザーとカレーを一緒に作ったり、8歳の女の子Meaveとは折り紙や書道をしました。ファザーも話しかけてくれたし、PaulとMeaveと4人でサッカーもし、本当に良いファミリーでした。
夕飯が6時前後だったので、宿題をする時間もたっぷりあります。分からないものはファミリーに確認したり、勉強が終わったらファミリーとテレビを見ながらデザート&ミルクティー。

1カ月はあっという間でした。毎日本当に夢のような理想の生活ができたと思います。
アイルランドでできた友人と、これからもずっと連絡を取り合いたいと思います。

留学体験レポート